ナリ心理学ブログ2

セカンドブログです!!!メインはAmeba!

世界の謎が解ける視点

 

 

今から書くことはめちゃくちゃ事実だけど。めちゃくちゃ多くの人が多分気づいてないから、笑。

できるだけ伝わりやすいように説明するね。笑。

 

おれも20代のときこれがわかった時は「あーーーー!いろんなことが解けたわ〜ー!!」って衝撃だったし、今もこれを忘れることはまずないし。笑。これからの人生でこれが必要なくなることもまずないだろうなと思ってる。笑。

 

もし今日の記事読んで「知ってたわw」って人がいたら、それはそれで最高だし「うーわ、知らなかった」って人がいたら、今回この記事に出会えてほんと良かったねって感じです。笑。

 

さて、もう今日伝えたいことから話すけど。ナリの人生に最高に衝撃を与えた事実とは。それは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「世の中には頭が悪い人はいる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことです。ほんとこれだけ聞くと最低だけど。笑。

 

これは決して人のことをバカにしてるとかディスってるわけじゃないし、これを知ってるだけで、人生にめちゃくちゃ素晴らしい影響が出ると思います。

 

が、ナリ心理学のブログでも過去たくさんこれについては触れてきているんですが、、、その度に圧倒的に読者さんの反応が薄いです。笑。

 

おれ的にはマジで人生における数少ない普遍的な真理の一つなんじゃないかと思ってるぐらいなのに。本当に毎回書くたびに反応が薄いですね。笑。

 

その理由はきっと「自分も頭悪いんじゃないか、、」って怯えてしまうからでしょうね。だって、ここ心理ブログだから、心が弱ってたり、悩んでる人も多く読んでるから「自分が頭悪いかもしれない、、」って思ってたら、ショックを受けて反応できなくなるもんね。笑。それはわかります。笑。

 

が、おれが言ってるのは「自分は頭悪いかもしれません」って話じゃなくて、、、今あなたの問題のたねになってる「その人は頭悪いかもしれませんよ」って話なんですよ。笑。

 

ナリがこの「世の中には頭が悪い人はいる」を使う場合は。普段生活してて、わけわからないことをしてくる人に出会うたびに「あー、世の中には頭が悪い人はいるもんあー」って思いますね。w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんで、「世の中には頭が悪い人はいる」って曖昧じゃないですか?表現が。一番曖昧なのが「頭が悪い」ってところで、何を持って頭が悪いのか?って話ですが。

 

もう、これはめちゃくちゃわかりやすい指標がおれの中ではありまして。笑。もうこれが最高だと思うのでマジでシェアするから絶対に覚えておいて損はないです。笑。それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちから聞いてもないのに無駄なアドバイスをしてくる人

 

 

 

 

 

 

 

 

ですね。笑。これはもう頭悪い確定です。笑。ほぼ間違いない。笑。ただ、これだけで、全ての頭悪い人を説明できるのか?って言われたらそうじゃないけど。笑。

 

そもそも、世の中には頭の悪い人がいるってことを自覚するメリットって、自覚しておくと「そいつに無駄な時間や、無駄な精神を消費しなくて済むようになるし、今後そいつから離れようって決めることができるから、自分の人生が生きやすくなる」ってことですから、頭が悪くて有害な人さえ理解できれば、頭が悪くて無害な人のことなんて別に気にしなくていいですからね。笑。

 

 

 

 

 

例えばナリの親父はすんげー頭悪いんですよ。笑。でも圧倒的無害なんです。笑。聞かれてもないのに無駄なアドバイスとかしてこないし、無駄なことも聞いてこないし、やってこないし、圧倒的無害。刺身とビールを与えておけば、嬉しそうにしてる圧倒的無害。笑。

 

おれ的には、「プロのおじいちゃん」なんじゃないかと思うくらい、おじいちゃんに向いてる。笑。おじいちゃんって無害なイメージあるけど。まさにうちの親父はそれ。笑。孫5人いるけど。笑。多分、なんの影響も与えないでしょうね。笑。【好好爺】ってやつだろう。笑。マジで無害なアホ。笑。

 

だから、おれたちがやるべきことって頭が悪くて有害な人を早急に見極める技術ですよね。で、その特徴が。

 

 

 

 

 

 

こっちから聞いてもないのに無駄なアドバイスをしてくる人

 

 

 

 

 

 

ですよ。マジで確定。これはほんとにそう。笑。例えば具体的な例だと。この人の相談とか。

 

 

この人とかは秒で「頭悪い人」になりますね。笑。

 

 

 

 

 

でマジで、誤解して欲しくないのは「頭が悪い人」ってのはその人に対するディスでも、否定も攻撃でもない。ただの「事実の確認」なのです。

 

この相談の例を取ると、夫の両親が非常に頭が悪い。頭が悪く、柔軟性がなく、自分の思ってることが正解だと信じてやまない。自分の思ってることが正解だと思うってのは「頭の悪い特徴」ですしね。笑。

 

それでいて、アドバイスを求められてもいないのに、嫁に何か言う。圧倒的に頭が悪いです。

 

ただ、ナリ心理学を読んでる人ならわかると思いますが。夫の両親が頭悪くなったのは、夫の両親のせいじゃありませんよね。

 

知能ってのは、生まれ持ったものや、育ってきた環境の影響をめちゃくちゃ受けますから。夫の両親が頭悪いのは、頭が悪くなるような状況で育ってきた影響であって、夫の両親を責めるべきではないと思います。

 

ただ、この場合の問題はこのラインをくれた相談者さんが「夫の両親は頭が悪いからテキトーに無視しよう」ってできてないことなんですよね。それがこの人の人生にとって有害だし、問題なのです。

 

「頭の悪い人の話はスマホ見ながらテキトーに相槌していればいい」って思えたら、それで終わりなんです。笑。

 

だけど、この相談者さんは夫の両親のことを「普通の人」だと思ってるから、言葉をまに受けて、ムカつくわけです。

 

最初から、頭悪い人の言葉だと思ってたら、気にならないだけの話です。

 

 

 

 

 

 

例えばこの例とかも、

 

 

 

 

「お金払ってるのは私なのだから、正しいのは私」

 

まぁ、この発言から、「オーナーは非常に知性がない(頭が悪い)」ということが簡単に推測できます。

 

ただ、この相談者さんも非ダイヤモンドなので、「頭が悪いオーナー」に何かされても我慢してしまうわけです。

 

なぜなら、非ダイヤモンドさんは「とりあえず我慢しよう!」に慣れてしまっているから、そして、数ヶ月、数年、我慢して「もう我慢できへん!」ってなって悩み出すわけだけど。

 

ダイヤモンドからしたら「いや、頭悪いこと言われた1日目で対応しろやw」ってなりますが、、まぁ、そこは練習ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、これも「世の中には頭が悪い人はいる」ってのを理解してれば、「あー、オーナーすげー頭悪いのか〜。、まー、オーナーも頭の悪い人間になりくてなったわけじゃなから、、仕方ないけど、、テキトーに返事してやめよー」で終わる。笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナリ心理学を初めて6年くらい経って、たくさんの人の相談を受けてきたけど。

 

ほんとにその相談者さんの話の中に「頭が悪い人」の出現率が90%は確実に超えます。笑。

 

一番は母親が頭の悪い人ってやつだけど。まぁ、それは「母親問題じゃ当たりまえ」だけどさ。笑。

 

 

 

 

 

 

 

おれが今日のブログで伝えたいのは

 

世の中には頭の悪い人が確実にいて。その人のことを「普通の人」「意見を聞くに値する人」だと思ってると、マジでこっちが損しますよ。ってことです。

 

頭の悪い人を頭の悪い人扱いしないと、損するのはこっちなんです。

 

 

 

 

 

で、人を頭悪い人扱いするのは自分のためでもありますが。相手のためでもあります。マジで。相手を頭の悪い人だと、マジで認められると、菩薩の笑顔で無視できます。笑。

 

「あ、頭悪い人だ!、愛想笑いして、離れよー!」

 

って慣れますし。

 

親戚内に頭の悪い人がたら「また、頭悪いこと言ってるわーwほんとおもろーw愛想笑いしてスルーしとこ!」ってなれるし。笑。

 

※ちなみに母親問題がある人はちゃんと母親と自分をダイヤモンドと即答するのが先ね。自分の母親が頭悪い人いると思うけど。その場合はちゃんと母親と向き合ってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてここからもっと深いこと言いますが、ついてきてね。笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近でも、虐待で子供が殺されるって、ニュースあったじゃないですか?

 

1年に1回くらいはあるし、今は殺されてないだけで、虐待されてる子供って今日も日本にたくさんいます。耳をすませば聞こえると思いますよ。子供が殴られてる音が。

 

で、悲しいのはみんなと同じです。おれも考えるだけでゾッとします。

 

 

 

 

 

ただ、驚きはしないのです。驚けない。なぜなら、この世には頭の悪い人がいることを知ってるから。

 

例えば虐待されてる子がA子ちゃんだとします。母親がB子さん。祖母がC子さん。仮に、C子さんがめちゃくちゃ頭が悪くて、なおかつ自尊心も低かったとしましょう。C子さんの旦那はモラハラ気質で、不倫に浮気に酒にギャンブルに、散々やってるとしましょう。

 

当然、B子さんはまともに育てられるわけがありません。でも、B子さんは子供なのでどうすることもできずに、大人になります。

 

B子さんはC子さんと同じように、自尊心が異様に低く、愛を知りません。頭がいいか悪いかはB子さんの場合、関係ないけど。じゃ、一応頭は普通くらいってことにします。

 

B子さんは愛を知らずに自分は欠陥品だと思ってるので、相手がどんな男だろうと必要とされると嬉しくて、嬉しくて、すぐ股を広げます。誰でもいいのです。自分のことを必要としてくれさえすれば、だって、親ですら私のことを必要としてなかったのだから。

 

そして、生まれたA子ちゃん。リーチです。リーチ。虐待リーチ。パーフェクトです。虐待環境としてはパーフェクト。あとは、両親の虫の居所が悪い時に、泣いたり、わがまま言ったり、ご飯食べなかったり、うんちしちゃったりするだけです。そしたら完了です。

 

当然B子さんの周りにはまともな友達はいませんし、B子さんを利用するつもりだっただけの男の周りにもまともな人は一人もいないでしょうから。あとは、時間とともにエスカレートするだけです。

 

そして、A子ちゃんは、どこかのタイミングで。命が尽きるか。なんとか持ち堪えて、社会にでて、母親と同じ道をたどるか。もしくは、めちゃくちゃ勇気出して、自分と向き合って。虐待の連鎖を止めるか。

 

どうなるかは、神のみぞ知るです。

 

 

 

 

 

 

 

おれが言いたいのは、こんなのは日本で、何千、何万もあるし、あったし、これからもあるってこと。それに驚きはないのです。

 

事実を事実として認めたら、弱者が虐げられてしまう現実があるのは、理解ができるのです。

 

ここまで理解した上で「さて、これをどう減らして行こうか」ってだけです。そのためにみんなが少しづつやっていこうか。ってだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のブログもこんな内容でしょうから、誰にも反応されないでしょうが。笑。

 

「世の中には頭が悪い人はいる」

 

ってことを忘れないで欲しいのと。これを認めることは未来を切り開くことでもおれはあると思ってる。

 

マジで、たくさんの人の相談を聞いてきて「え?その人、頭おかしいから離れた方がいいよ」って人がいても本人が気づいてなかったりします。

 

 

 

なぜ、バカをバカだと思えない?

 

と、何度思ったことか、、バカの話をなぜ、まともに受け止める、

 

 

 

 

 

で、この話をすると「私も頭が悪いから」ってなります。確かにそれあると思う。自分が頭悪い系だと、他人を頭悪いと思うのって難しいんよね。それはわかる。

 

だから、これだけ最後覚えて言って欲しい

 

 

 

 

 

 

こっちから聞いてもないのに無駄なアドバイスをしてくる人

こっちから聞いてもないのに何か意見・やり方を強要してくる人

 

 

 

 

 

これに該当する人は、間違いなく頭が悪いと思ってください。とにかく。

 

例えば、子育てをしていて、聞いてもないのにいきなり自分の子育て論を披露して「あなたもこうした方がいいよ」って言ってくる人がいたら、そいつは有害で頭の悪い人だと思っていいです。愛想笑いからのエスケープしましょう。

 

結局そいつは、普段の生活から、自分が世の中に必要とされてる感覚を感じることがないから、自分から余計なアドバイスをすることで自分は必要とされてるんだ!って感じたいだけの野郎です。

 

ほんとにその人の子育て論が素晴らしいなら、きっと今まで周りの人から、アドバイスを求められてると思いますわ。求められてないから自分から言うしかない。つまり求められるほど、中身がある内容でもない。

 

 

 

 

とにかく有害で頭の悪い人からは距離をとる。距離をとる。ほんとに危険です。

 

 

 

そして、

世の中には頭が悪い人がいるんだなって思うと、社会で起きてる事件にもある程度理解ができます。

 

頭の悪さと、あと、非ダイヤモンドの存在もプラスすると世の中の犯罪や事件の意味がマジで理解できるようになってくる。

 

 

なんで虐待なんて最悪なことをするんだ!悪魔だろ!!

 

「そりゃ、加害者だって、元被害者だろうしな、、だから許しましょうって意味じゃないけど、、理由は考えたらなんとなくわかるけどな」

 

 

 

 

 

なんでうちの母親は全く学ばないんだ!!

 

「そりゃ、知能が低いからだろうし、育つ過程で認知機能が向上するための環境が全くなかったのと、社会に出てからは勉強する必要性が皆無だったから知能が低く、知識がなけりゃ、そりゃ学べないだろ。。あとは年金貰っときゃ生きてはいけるしね。。。学ぶ必要もないんでしょうよ、、それにもう歳だから脳の柔軟性もだいぶないだろうしね、、、、」

 

 

 

 

 

 

 

「世の中には頭が悪い人はいる」

 

 

 

 

これを理解できるとほんとに社会が理解できていくし、謎がどんどん溶けていく。

 

あと、非ダイヤモンドね。

 

「世の中には頭が悪い人はいる」

「世の中には非ダイヤモンドがいる」

 

これでものすごくたくさんのことが説明できるよね。

 

 

 

 

マジで忘れないで欲しいし

マジでマジで考えて欲しい。

 

 

 

 

なぜ、あの人はそんなことをするのか?

 

→多分、頭が悪いから

→非ダイヤモンドだから

 

 

 

さっきも言ったけど。

この系のブログ書くと「私も頭が悪いかもしれない」「私は非ダイヤモンドだ、、」って人が黙っちゃうから。

 

マジで反応薄くなるんだけど。

 

自分が頭悪いかもしれないって人も。

自分が非ダイヤモンドって人も

 

 

今回は、。自分のことじゃなくて、「自分以外の人をちゃんと見る」ってテーマだから、責められたと思わないで欲しい。

 

できたら、コメントしてくれると嬉しい。

 

 

 

 

 

「世の中には頭が悪い人はいる」

「世の中には非ダイヤモンドがいる」

 

 

 

 

これはおれは

生きてく上で、マジで大事な視点だと思ってる。

 

誰もディスってない。

事実を事実として認めることは

 

自分の人生をクリアにするとマジで思う。

 

 

 

 

ナリ心理学ブログ2 管理人 すずみり