■最初の質もん

ナリくんこんばんは!
ノートに書く。についてブログで教えてください(鉛筆)

「何が不安?苦しいことって?」ということを書き出していくと、
私は古い記憶と共に
「悔しい、やるせない、怒り、悲しい」という、キーッとなる気持ちが溢れ出て、涙も沢山出て、脳内整理どころではない胸の張り裂けそうなひと時になります。
(カフェで号泣してしまうので、今は自宅でやってますσ^_^;)

何度かチャレンジして毎度そうなのでクタクタだし、全く整理する感じにならないのです。
落ち着こう科に辿り着けませぬ〜。。

コレってただ感傷に浸りたいだけ、?

因みにこの一年ばかり、古傷やトラウマを思い出しては泣く、、みたいな事を自分に許して(それ以前は殆んど泣かなかった)
出しても出してもなかなか終わらない。
母親にされたAというトピックが終わったらBを思い出して、また悔し泣き、、続いてC、D、、みたいな状況ではあります。

書いてて自分でもちょっとヒきますね、、

終わらな過ぎてゾッとしてます。

昨日は辛すぎて友達に泣きながら電話してしまいました。
脳内整理とはまた違うことになって、コレはコレで良かったっぽいけど。

結局泣きたいだけ?誰かに頼れるきっかけが欲しいだけ、、?

脳内整理と感情吐露がごっちゃになってて、ちょっと違うかもなぁ〜って。

って、、っは!
本当は脳内整理なんてしたくないのか??

えー、、
落ち着きたいよ〜いい加減!

泣きながらでも書き続けたら、落ち着こう科に入学出来ますか?

 

 

____

 

 

まず「悩みを解決するゲームをやめよーや。。」と( ;∀;)

f:id:k_nali:20170221060134j:plain

この方は、


悩みを解決することが目的になってるよね。


悩みを解決することが目的の人は、悩みは解決しませんよ。(●´ω`●)笑。

 

 

 

「悩みを解決する」という悩み解決ゲームには、仕組みとして、「悩み」が必要なので、悩みは解決しません。

 


「悩みを解決するゲーム」には悩みが必要なので、もし一つ悩みを解決したら、また、次の悩みが出て来ます。

 

 

だって「悩みを解決するゲーム」をしてるからです。( ;∀;)笑。仕組みとして。さっさとそこから離れないと。

 


・悩みを本当に解決する人とは、悩みを解決した先にあることを楽しむために悩みを解決しようとします。悩みの解決はただの通過点。


だから、そーゆー人は「やりたいことをやるゲーム」をします。

 

・悩みを本当に解決する人とは、悩みを解決した先にあることを楽しむために悩みを解決しようとします。悩みの解決はただの通過点。


だから、そーゆー人は「やりたいことをやるゲーム」をします。

 

・悩みを本当に解決する人とは、悩みを解決した先にあることを楽しむために悩みを解決しようとします。悩みの解決はただの通過点。


だから、そーゆー人は「やりたいことをやるゲーム」をします。

 

 

 

 

※大切な事なので3回言いました。

 

 

 

やりたいことをやるゲームには、仕組みとして「悩み」が必要ないので、悩みがほんとに解決します。そして、やりたいことやります。笑。

 

 


「悩みを解決するゲーム」と「やりたいことやるゲーム」とても似てるけど全然違います。

 

 

 

まず
この人はスタートから違いますね(●´ω`●)笑。あらららら。


「何が不安?苦しいことって?」ということを書き出していくと、
私は古い記憶と共に
「悔しい、やるせない、怒り、悲しい」という、キーッとなる気持ちが溢れ出て、涙も沢山出て、脳内整理どころではない胸の張り裂けそうなひと時になります。

 

まず、何が不安かを最初に考えちゃいけないんすよ。笑。まぁ、、気持ちはわかるけど、、、笑。

 

 

 

そーじゃなくて、

 

 

 

最初の質問は


『やりたいことやるためにはどうしたらいいんだろう??』


です。


ここから始めないとね(●´ω`●)ただ混乱して終わる。笑。

 

 

 

そしたらまずは

「自分のやりたいことってなんだろう?」って壁にぶち当たります。(´・Д・)笑。

 

 

まぁ、この「やりたいことがわからない」ってのは嘘なんですけどね。笑。超うそ。定番のうそ。よくあるうそ。うーそ。うそ。うそ。味噌。笑。

 

 

そしたら次は

「なんでこんなん嘘をつくんだろう?」って考えたらいいのです。笑。やりたいことがないとか嘘をつく理由。それはなんだろう。笑

 

 

 

 

 

ノートとペンのやり方がわからん人はとにかく、


『やりたいことをやるためにはどうしたらいいんだろう??』


から始めてください。

 

 

 

 

これが最初の質問です。

 

 

金持ちになるとか

家族で幸せになるとか

世界旅行したいとか

綺麗になりたいとか

女優になりたいとか

世界大会出たいとか

有名になりたいとか

ストレスフリーでいきたいとか

いつでも好きに服が買えるようになりたいとか

 

まー、なんでもいいわけです。なんでも。なんでもいいんですが、、口に出して自覚するのがすべてのスタートです。

 

そのための最初の質問。

 

 

 

悩みを解決するために生まれてきたわけでも、生きてるわけでもないでしょう。

 

やりたいことをやったり、好きなことに時間を割くためでしょう。

 

 

 

だとしたら

目的が違うのだから、最初の質問が違います。笑。あちゃ。宍戸エリカ(それアジャコング)

 

やりたいコトわからないし、考えたコトないけど、とりあえず悩みを解決したい!!だと悩みは解決しません。

 

 

だってそれ、

悩み解決ゲームになってるから。

 

悩み解決ゲームには悩みが必要なので、悩みは解決しません。笑。

 

 

もし

やりたいコトがわからなくて、なんでやりたいコトがわからないなんて嘘つくのかもわからないなら、、、

 

「自分を責めず、毎日適当に自由に生きる」をやりたいことにしたらいいと思うよ。

 

具体的に何をしたいとかはいらないから。笑。毎日能天気にテキトーに生きることをすればいいから。

 

テキトーに生きられないのは、そんなん自分を責めちゃうからでしょうね。何んで責めちゃうんだろう????

 

って質問が続きます。ほら、今、人生動き出した。

 

 

すべての始まりは

 

『やりたいことをやるためにはどうしたらいいんだろう??』

 

です。 

 

 

 

 

これとかもう古典なんでまだの人は読んでみて。 笑。

 

※ちょっと今軽くアンケートお願いしております。ナリ心理学をたまに読んでくれてる人は協力してくれると助かります。

こんなにたくさん返信がありました。!!