ナリ心理学ブログ2

セカンドブログです!!!メインはAmeba!

子どもを虐待する人の理由

 
ナリくん  こんにちは。 ブログでしてほしいテーマがあります。 子どもを虐待する人についてお伺いしたいです 何度かブログでお話されてたかと思うのですが あらためてききたいなと思いました
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
具体的な状況で考えたらわかりやすいわねー(・∀・)
 
 
 
 
 
 
 
例えば、
 
 
 
 
 
 
 
お母さん ピヨ美(35歳)
 
子供 ピヨ菜(5歳)
 
 
 
 
 
 
んで、
 
ピヨ美(35歳)が、ピヨ菜(5歳)を虐待したとします。
 
 
 
 
 
 
 
んで、普通の感想としては、
 
「ピヨ菜(5歳)ちゃん、、可哀想、、、ぐすん
 
「ピヨ美(35歳)はなんてことをするんだ!!、なんて酷いやつなんだ!!!本当に人間なのか!!ムキーッ
 
 
ってのがわかりやすい反応ですわな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おれも、心理を知らず、人の心の仕組みについて考えてなく、世の中を知らなかったら、
 
まぁ、この程度の思考でしたでしょうから。
 
 
 
 
 
 
 
ただ、どんな事件にも「動機」ってあります。
 
 
「なんでその犯罪をしたのか?」ってことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
つい最近、京王線で起きた時間でもそうですし、(ナリは昔京王線沿線に住んでた)
 
事件には動機があります。無差別事件には、無差別にやる動機があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
動悸がない事件ってのは基本的に、事故と、自然災害くらいなもんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
ほんで、
 
ピヨ美(35歳)が子供を虐待する動機を考えてみると、
 
 
 
 
 
 
まー。簡単すぎるんですが。
 
 
 
 
 
 
 
ピヨ美(35歳)も、
 
まず間違いなく自分の母親と良好な関係ではないでしょう。
 
 
 
 
ピヨ子(65歳)に、
 
健全に育てられてるわけがないのです。
 
 
 
 
 
 
 
ただ、ピヨ子(65歳)は、もう、老人なので。
 
自分のやったことを認めるほど脳細胞も生きてません。
 
 
 
 
 
 
 
ピヨ子(65歳)な、言い分は
 
「私はこの子(ピヨ美35歳)をちゃんと育てたし、大学まで行かせた。何不自由なく育てた。感謝して欲しいくらいだ」
 
です。
 
 
 
 
 
 
 
そして、世間も
 
「成人したら自己責任」というアホな思考が一般的なので、
 
ピヨ子(65歳)を非難する人はいません。
 
 
 
 
 
 
 
そして
 
ピヨ美(35歳)は、誰にも味方になってもらえず、虐待が見つかったり、事件になれば捕まります。
 
終わり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、30年後
 
 
 
 
 
 
 
 
ピヨ菜(35歳)が
 
自分の子供、ピヨ香(5歳)を殴り始めます。
 
 
 
 
 
 
自分だって、
殴られながら育ったし
 
 
 
 
 
耐えたのだから、
あなたも耐えなさい。
 
ぎゃーぎゃー騒がないで。
 
我慢しなさい。
 
言うこと聞きなさい。
 
静かにしなさい。
 
ご飯食べなさい。
 
お風呂入りなさい。
 
片付けなさい。
 
寝なさい。
 
準備しなさい。
 
 
 
、、、、
 
 
、、、
 
 
、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
、、、、、パシッ
 
 
 
 
 
 
ピヨ子
ピヨ美
ピヨ菜
 
全員が加害者であり、元被害者。
 
 
 
 
そして、
 
ピヨ香は、現被害者で、未来の、、
 
 
 
 
 
 
虐待した人だけが悪いのですか?
 
虐待した人だけを非難すれば
 
虐待はなくなりますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
虐待はよくない。
 
 
 
 
 
 
虐待はやめたほうがいい。
 
 
 
 
 
 
 
 
で?なんか意味あんのそれ( ˙-˙ )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やめろと言われて、やめられるんなら、
 
男性はみんな腹筋割れてるわ。笑。