■お金も男も受け取り拒否してるのは自分だよ。

※ブックマーク(B!)してくれると嬉しいです(^^ゞ

※Facebookでシェアしてくれるのもほんとに嬉しいです。

 

 

 

お金もいい男も受け取り拒否してるのは女のあなたな。

 

 


今日はセッションは同い学年(88.89年)の女性の方でした( ´ ▽ ` )ノ

27歳。

人生いろいろ考える歳ですわな♪♪

まぁー

いろいろ話しましたが
そんなかでおもろしかったのが、



ぜーんぶ受け取り拒否してんのは自分じゃん!!!


って
話し。

 

 

 



話しの流れで、


ナリ
『じゃーさ、35歳、会社経営、年収5,000万円で心も素敵な男性からアプローチされたらどう?』


女性
「えー、、私でいいのかな?、、って思う。」

 

 


ナリ
『Yes!それだな』

 



女性
「Yes!これです」


 


つまり
受け取り拒否してんのや。


なんとなーーーく


自分には、
これくらいの男性が「ちょうどよくてーーー」って思ってる。



自分には
これくらいがちょうどいいって思ってる。普段から。


だから
そもそも

この子は

35歳、会社経営、年収5,000万円で心も素敵な男性。



出会うことは「ほぼ」ない。

この女性の世界には「存在しない」。

 

 

 

 


だって
ちょうどよくないって知ってるから。

 

 

 



つまり
出会ってしまったら異常事態だと思うから、

・え?なんで私?
・え?この人おかしいの?
・え?こーゆー人にはそれなりの人が、
・え?なんで私?
・ないないない!
・怖い!怖い!怖い!
・意味不。、。


そもそも
こーゆー男性と出会うことを拒否る。

 


つまり
出会いすら受け取り拒否してる。

 



・会費15,000円の合コンには行かない。

・会費3,000円の友達主催の合コンにしか行かない。

・ドレスコードのパーティーには行かない。

・友達とのたこ焼きパーティーにしかいない。



なんで
そもそも


出会うことが非常に少ない。


※便宜上、お金を持ってて心が素敵な男性を「いい男性」として書いてるけど、別に男を金と心では決まらん。便宜上な。今の都合上な。





お金が入ってくるも。
男が入ってくるも。


基本一緒。



女性が

 


ばっちこいやっーーー!!!!!

 


カモンカモンっ!!!!!!!

 


ピッチャー
ビビってるよっーー!!!!!!

 


ヘイヘイヘイっ!!!!!!

 


ヘイヘイヘイっ!!!!!!

 

 


ツーアウトーーー!!!!!

 


あとワンナウトー!!!!!

 


ヘイヘイヘーーーイ!!!!

 


((((;゚Д゚)))))))


って

フィールドを守備してないんだもん。




だって、
来たらどーしていいかわからないし、、

お金持ちの家庭ってなんか大変そーだし、

相手のお母さんに気に入られなかったら大変だろーし、

奥さん通しの付き合いとかあるのかなーー?

ママ友とかつくるの?

私友達に紹介されるのかな?

えー、
無理だよーー。ってかよくわかんないし、

んーー、、、

 


だったら
出会わない方がいい。

 



私には
私【くらいの】
私に【あった】
人がいいなー。

 



うん。だから、今回は守備しない、フィールド出ない、私には私らしい、フィールドがあるから。

 

 

 


私には
私らしい
人がいるから。

そーゆー人には
それに合う人が
いるから。

いるから...

いるから...

から...



(笑)



 

 

 

 


いや
これさ



男目線でもそーでさ、


例えばさ、

おれがいきなり、

石原さとみ(誰でもいいんだけど)から、

 



『ナリくん好きです♡』

f:id:k_nali:20160125185657j:plain

※出典、石原さとみ 雑誌表紙を飾る anan 「骨盤」と「背骨」を特集!

 

 

 

言われたら、

 

 


「えーー、
ありがたいっすけど、
なぜおれなのかなーー、、」

 

 



と思う。

 

 



そーゆーキレイな女性には、それにあったイケメンな男性がええんとちゃいますか?、、、、

 

 

 

石原さとみはさすがに受け取る自信なし。笑。チョモランマ。



って思う。

 

 

 



から
そもそも!!

 



石原さとみと出会えるようなところには行かない。

 

べつに

石原さとみはすこし非現実的だけど。ananのモデルさんとかさ、、綺麗な人。

(「行かない」って決めてるわけじゃなくて、誘われても、『いやー、そーゆーの苦手だし、、』とか言うだろう。誘われたことないけど、そー!そもそも誘われないのだ、モデルの友達はいるけど、笑)




だから

出会いもしない。


あはは。




 


自分には自分にあった
自分らしい相手がちょうどいい

あの人にはあの人にあった
あの人にちょうどいい人がいい

自分はこれくらい

あの人はこれくらい

お金持ってる人はこう

キレイな人はこう

だから

自分には
自分が受け取っていい



【ちょうどいい】

 


のが

あるの。


 

 




これをなんと言うかわかるかい?

そー

これを


【受け取り拒否】といいます。


お金も男も女も幸せも全て、

自分にとって
ちょうどいいのを受け取ろうとしてる。

その裏には

自分には【ちょうどよくない】ものを受け取り拒否してる。

 

 



これが
あなたの現実を
作ってるよ。

今の自分の
目の前の現実は

自分が
【受け取れたもの】の結果だもんで。

これが
あなたの毎日でござろう。

 




年収5,000万円の男は
年収5,000万円の男を受け取れる人の世界にだけ現れてくる。



モデルさんは
モデルさんを受け取れる人の世界にだけ現れてくる。



私は【これくらい】
あの人は【これくらい】

 



現実を変えたければ、

 

 

 


【受け取り拒否していたものを受け取る勇気を持てばいい】

 

 


ぐふふふふ。


ぐふふふふ。



そのために
どうすればいいかというと、


続きは
メルマガに書きましたので登録してください
https://39auto.biz/nalimagazin/touroku/entryform2.htm


 

 



、、




 

 


、、





、、


 




、、


 




どう?

ムカついた?笑( *`ω´)

ぎゃははははははは!!!!!!!



んでさ、


ここでちゃんと、
腹立てないとダメよ。ダメ。



「教えろバカ!!!」

「ビビってねーで教えろバカ!!!」

「ふざけるな!」


って

もっと
自己中でわがままにならんと、受け取り拒否してるものは受け取れんで!笑。


 

 


いくで!



受け取り拒否してるものを受け取るようになるにはね、、、

 


ジャッジをやめること。


です。

 

 


人のことをジャッジしてる人は、

自分のこともジャッジしてるし、



人から自分がどー見られるかをすげー気にしてるから、

人から見られて【ちょうどいい】ようになるように、

自分の人生を他人に【合わせてる】んよ。



当たり前だけど、
自覚ないと思うけど。笑。

始まりは全て

 


人をジャッジしてること。

 



これやめれば、、

人からどー見られてるかが気にならなくなるし、

人から【ちょうどいい】と思われるように、

自分の人生を【合わせなくていい】から、

自分が
受け取りたいものを

素直に
受け取れるようになります。


ヘイヘイヘイ!!!


ピッチャービビってるよ!!!!


ばっちこいやー!!!!!


かかってこいや!!!!!


打ってみーやー!!!!!


ヘイヘイヘイ!!!!!!


中田翔がなんぼのもんじゃい!!


ヘイヘイヘイ!!!!!!



( *`ω´)

 


って

ちゃんと
フィールドに出れるし

守備できる。

したら

球飛んでくる可能性が出てくるし、

球飛んで来たら捕れる。

球ってのは

 

 


・男性

・女性

・お金

・幸せ

・自由

・好きなこと

・やりたいこと

・わがまま

・自分らしさ

 

 



オーライ??

 



あなたは
キャッチャーの後ろでジャッジしてる場合じゃねーーーのよ!

 

 

 



フィールドに出て

球捕らんかい!!!

そーゆーこった。

 

 



じゃー
今日はおれの7回コールド勝ちってことでいいいな?笑?

 



ここまで読んでくれた人は、ちゃんと守備位置について球捕りなさい。

 

 

 

■補足ね2/7。

 

具体的に

人をジャッジしてるってのは、

 

例えば

 

今日まさにおれがしてしまったのだけど。笑。

 

 

50才くらいのおばさんが、

金髪の巻き髪で、バッチリ化粧して、緑のミニスカート履いてるのを見て、

 

26才の男の子のナリくんが、

 

 

オエェ、、( ;´Д`)

 

 

って思ったのよ。

 

 

正直言うわ。これがジャッジね。

 

 

ババァ、、、若作りしてんな、、キモい、、、

 

 

って

一瞬思いました。

 

で、

 

その隣に

40過ぎくらいのおばさんが、ショートパンツにニーハイ履いてたから、

 

 

また

 

オエェ、、( ;´Д`)

 

 

バ、、ババァ、、やめとけ、、、

 

 

って

思いました。ごめんなさい。ほんとにごめんなさい。

 

 

 

 

これがジャッジです。これがジャッジ。

 

 

こーやって

人のことを見て、

 

あれは良い

あれはダメ

 

とジャッジしてる。

 

 

こーゆーことしてると、

 

 

自分には

自分にあった

自分くらいの

ものしか

 

選べなくなります。

 

その裏には

 

あれには

あれにあった

あれくらいが

ちょうどいい

 

あの人には

あの人にあった

あの人くらいが

ちょうどいい

 

それ以外はダメ

 

という

 

ジャッジ。

 

これが

人生を狭めてるし、可能性を否定してますよね。

 

 

ミニスカートのババァを見て、『お!素敵♪♪楽しんでね♪♪』と思えばいいだけだし、

 

 

ニーハイ履いてるババァを見て、『わあお!素敵やねー( ´ ▽ ` )ノ』と思えればいいし、

 

そもそも、、

 

ババァって言っちゃダメ。笑。

 

 

ごめんなさい。

わざと使ってみました。( ;´Д`)。

 

 



あと
Facebookでシェアしてね♡
※下の(f)ボタン押してね。

 

 


あと

 

メルマガ
https://39auto.biz/nalimagazin/touroku/entryform2.htm

LINE@
http://line.me/ti/p/%40hpi8059q 

 

もよろ。

 

 

メルマガは累計12,000人を超えました。 

LINE@がなんと14,000人を超えました。意味不明に人気です。笑い。 

  

ナリfacebook

https://www.facebook.com/takeda.kazunari

フォローしてね!

 

 

※ブックマーク(B!)してくれると嬉しいです(^^ゞ

※Facebookでシェアしてくれるのもほんとに嬉しいです。