ナリ心理学ブログ2

セカンドブログです!!!メインはAmeba!

子供を愛してるから子供がダイヤモンドなわけではない

 
ナリさん。
 
最近の記事は、「子どもが可哀想だから、親のお前がダイヤモンドを思い出せ!お前が非ダイヤモンドのせいで、逃げてるせいで、子どもが不幸になるんだ!」というメッセージを強く感じます。
虐待親を断罪する人みたいに感じます。
 
ムッスメちゃんが可愛すぎるから、傷つく子どもがいることが余計辛くなっているのでしょうか。
 
私は、私の非ダイヤのせいで子どもが不幸になると思ったら、怖くて完璧にやろうとして、私のここもだめ、ここもだめ、また失敗した、また怒ってしまった、これじゃ子どもが不幸になる!といちいち気にして頭がパンクしそうで、育児を楽しむどころじゃなくなりました。
 
ナリ心理学に出会って、変わったこともたくさんあるのに、できないことばかり見てしまう。
 
子どもの対応しながら常に、「あ、今のは非ダイヤな対応だった。なぜこうしちゃったんだろう。ダイヤモンドならどうする??」とかグルグル考えて、
 
疲れて笑顔がなくなってしまう。
 
そんなんで、短い育児期間終わったら勿体無いと思うようになりました。
 
ダイヤモンドは、毎日楽しくて仕方ないのかもしれない。
 
でも私は、心が落ち込む日もある。非ダイヤな心のクセに引っ張られることもある。一生、クセは抜けないかもしれない。
 
でも、今はこれでいい、と思うようになりました。
 
人生を曇りなく楽しめるようになるまでは、向き合い続けないと逃げているのですか?
 
それじゃ、向き合う時間に取られて貴重な育児時間が過ぎてしまう。
 
だから、曇りが完全に取れなくてもこのままでいいやと思ってます。
 
でも、逃げんなよバカ!と思いますか?
 
 
 
 
 

 
*この方とは、、その後のやりとりで「私の八つ当たりでした。」って解決したよ(・∀・)笑。
この方は物事を極端に考えてしまうのが強く、0か100で考えてしまうらしい。ま、そう考えるようになってしまった理由があるわけだしね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「子どもが可哀想だから、親のお前がダイヤモンドを思い出せ!お前が非ダイヤモンドのせいで、逃げてるせいで、子どもが不幸になるんだ!」というメッセージを強く感じます。
虐待親を断罪する人みたいに感じます。
 
たしかにおれは意図して
 
ここ最近、非ダイヤモンドの親が子供に影響を及ぼすことについて言及してるね。
だから正しいよー(・∀・)
ただ、断罪はしてない。笑。
つもりがないとか、言い訳とかじゃなくて。笑。なぜなら、マジで普通にがあるとは思ってないから(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
 
親ガチャ外れたことは、
別に罪だと思ったことはない。笑。
全くない。笑。
 
 
 
 
ただ、
 
良くない偶然が起きただけだねー。めんどくさいよね。笑。
 
 
と、思ってるよ。笑。
 
普通に、、、なんて、かわいそうな偶然。笑。
でも逃げられないしねゲラゲラゲラゲラ笑。
 
残念っす!笑。
残念でしたね!お疲れ様!!
 
くらいに思ってる。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ムッスメちゃんが可愛すぎるから、傷つく子どもがいることが余計辛くなっているのでしょうか。
 

 
 
いや全く辛くもなってないよ(´∀`)笑。
全然辛くないよ。笑。
 
 
 
 
 
 
 
ただ、やっぱりだったのは衝撃なのよ(・∀・)
本当にのんではあった。
 
言われてみたらそりゃうなのに。
気づいてない人がめちゃくちゃいて、
すごくびっくりしたんよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
※今から、子育て界隈のスーパータブーの話するから、心が弱ってる人や、強い言葉が苦手な人は。
 
ぜひ、ブログ読むのやめて、焼肉でも食べに行ってください。昔はあんなにハラミが好きだったのに。今は、タンばかり。丹波あかり(。、。。誰?)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠告したからな!
自己責任だぞ。笑
ここから先のクレームは
一切受け付けません
事務所を通してください
受け付けるんか!!
ムール貝!!!
酒蒸しにしてーー!
いや!酒蒸しにしたら
酔っ払ったちゃうよー!
ヨン様サマンサタバサ
何入ってると思いますー?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
非ダイヤモンドの人(親)ってさー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分の子供のことをさ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分ダイヤモンドだけど、
 
自分子供イヤモンドになるはずだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
って疑いもせずに思ってる人が、多い。
まじで多い。
ハロウィンのときの渋谷くらい。多い。
 
 
正式には「思ってる」ってか「考えてすらいないから」
 
私は子供を愛してる→愛してるからダイヤモンド
 
みたいな図式しかないし。
 
同じ親としてその気持ちはめちゃくちゃわかる。
めちゃくちゃわかる。
 
 
 
 
 
 
 
なぜ、自分は非ダイヤモンドのに育てられて、今非ダイヤモンドになってるのに。
自分が非ダイヤモンドなのに子供はダイヤモンドに育つと思えるのだろうか???
 
 
 
 
 
 
 
 
自分はなったのに
子供はならないと
 
なぜにWHY?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ま、答えを言うと
 
「そんなこと誰も言わない世の中だから」ですわ。
 
 
うん。誰も言わない。
ほんとのことなのに誰も言わない。
 
 
だから誰も言わない。
誰も言わないから、
誰も気づかない。
 
わかってる人ですら、言わない。
 
なぜなら、
言ったら、たくさんの人が傷つつかもしれないから。
 
(あと、他にも言わない理由あるから、後述する)
 
 
 
 
 
確かに、
 
「自分が非ダイヤモンドだから、自分の子供も非ダイヤモンドになってしまうかもしれない。」
 
って思うが、めちゃくちゃ怖いのはわかる_:(´ཀ`」 ∠):
 
わかるよーーーーーーーーーーーーーー。わかる。わかるぜ。わかる。わかる。まじでわかる。それはわかる。
 
だから、みんな見たくないのもわかる。まじ、わかりみ。
 
目を背けたいのもわかる。めちゃくちゃわかる。
辛いよな(>人<;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分と母親との問題なのに、
自分と子供とも問題起きるよ!なんて言われたら辛いよな、、
 
わかるよ。理解する。
 
わかるよ。
わかるよ。
わかるけど。
わかるけど。
わかるから。
 
 
おれだって、
それを無視してるわけじゃない!
 
辛いだろうなってことはわかる。
わかる。
 
 
 
 
それに、
つべこべ言わず飛び降りろカス!
とか言ってるわけじゃない。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、わかるけど、はーーーーー?(゚∀゚)はあ?はぁ???はぁ?はぁ??はぁあかあ?????
 
いから無視しましょう
 
ってなりますか?笑。ってことなんよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
優しさって、嘘つくことですか?
 
 
きっと、あとで、
 
問題が起きるってわかってても、
優しさって、嘘つくことですか??
 
それは優しさじゃなくて「興味のなさ」でしょ。
 
興味ないから
優しいだけでしょ、笑。
 
それで言えばおれは、現に日本中にいる介護で大変な人に対してめちゃくちゃ優しいよ「なぜなら、興味ないから何も言わないので」
 
(正式には興味がないってことじゃなくておれはおれの仕事を一生懸命やってるからそこまで手がまらわないって感じだけど)
 
何も言わないことが優しさっすか?笑。
 
 
 
 
 
 
 
思い返して欲しい。
君たちが読むナリ心理学は、
 
 
 
 
「怖いよね!辛いよね!だから、わないでおくよ。けておこうね!」
 
っていうやつだったか(о´∀`о)だから読むのか??え???ちゃうやろ。
 
 
 
 
 
たしかに、
 
親が非ダイヤモンドだと、子供も非ダイヤモンドになる確率は高い。
だって、現に非ダイヤモンドの人の親は非ダイヤモンド率が高いのだから。
同じだ。
 
 
 
 
 
 
この
大Big Problem問題
を無視していいと思いますか?
 
(意味が重複しとるんじゃぁ〜。腹痛が痛いなんじゃ〜、入浴に入ってくるなんじやぁ〜。)
 
 
 
 
 
 
 
実際、され続けてきたこと。
だと思うぞ。
そして、タブー化してる。されてる。なってる。
 
だから、
これからはこの現象をタブーカって呼びます。たぶーか。今後、説明めんどいから(・∀・)笑
 
育てのターカ
 
 
 
 
 
この話はしてはいけない。
この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけい。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。羽賀研二このはしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。この話はしてはいけない。
親が非ダイヤモンドだと、子供が非ダイヤモンドになるかもしれない
と言う話はしてはいけない。
 
 
 
 
 
けれど
 
自分が非ダイヤモンドなのは、親が非ダイヤモンドだからかもしれないと言う話はしてもいい。
 
 
 
 
 
同じ話なのに。
 
していい面と
してはいけない面がある。
 
 
 
 
うんこはカレー色って言ってもいいけど。
カレーはうんこ色とは言ってはいけない
 
事実なのに。
はい
このタカギー。
 
 
 
 
 
 
 
 

あ、さっきのムール貝これねw

 

 
 
 
 
子育て界隈でも、
タブーカの話はほっとんどされない。
 
なぜなら、辛すぎるから。
 
 
 
 
 
だからそれを言ってしまう、ナリ心理学がひどく聞こえるんだろーーぜ。誰も言ってないから。誰も言ってないからな。誰も(・∀・)
 
タブーカされるほどだから、
そーとーー辛いことだと思うよ。
 
それ。言ってんだから。
おれもたいがいだと思う。笑。
 
 
 
 
 
 
 
けどさ、
 
それを言ってるおれの覚悟を見てくれや(´∀`)笑。
デメリットしかないのにそれ言うおれの覚悟見てくれや。笑
おれ、悪役になるんだぜ(´∀`=)????
みずから進んで悪役。損な役回り。
いつも思うわ。
 
言わねぇほうがいいんだからよ(о´∀`о)笑
 
 
 
 
 
 
 
 
デメリットしかないのに、敵を作るかもしれないのに、言ってる人の言葉は多少は信じて欲しいぜ。笑。
 
 
 
 
 
 
だってこの人だって、おれがLINE返信しなかったら、
おれのこと「子育てママを断罪して責めてるやつ」な認識のままなんだぜ???
 
たまたま既読できたからいいものの笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この人が、他の心理セミナーとかいってさ。
 
「私、ナリ心理学向いてないんだよねー。なんか、断罪してくるからなー。あの人」とか、ネガキャンするんだろーが!おーーーい!ふざけんなーー!!笑
 
メリットないのに、不都合な真実をしてるおれの覚悟を少しくらいは評価してほしい。
 
子育て界隈ってのはいまだに
  • お母さんって大変だよね。
  • ママって大変だよね。
  • 子育てって辛いよね。
  • 子供って大変だよね。
  • ママって孤独だよね。
  • ワンオペって普通だよね。
  • 旦那は手伝ってくれないよね
  • イクメンっていいね。
  • ママって孤独だよね。
って。
 
共感することが何よりも主流になってるし、共感することが番のビジネスになってる。
 
実際、それが一番ウケるからな。
 
おれはそれを子育てポルノって言ってるけど。笑。
 
最低だろ?おれ。生きてるんだぜ。これで。
(逆タッチやめろ)
 
※あとでも貼っとく。
 
 

 

子育ての発信をしてる人も、人気者になりたければ、そう言うのが一番当たり障りないし、ウケるわ。笑。
 
 
 
 
 
それに、
 
確かに、それが必要な人がいることも事実。
別に否定はしてない。
 
まずは落ち着かないといけない人がいることは事実。
 
実際、メッセージをくれた人は、そうだと思う。
ナリ心理学というあまりにも凶暴なものに、触れる前に、もっと。
 
優しく共感してくれて、
何も言ってくれなくて
痛みを和らげてくれる人に
触れたほうがよかったんだ。
 
それはほんとにそう。
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、おれはそのさきに「一時的に落ち着いて終わりだと思いますか??向き合うべきことがあると思いますよ」って話してるだけだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なぜか、非ダイヤモンドの母親ってのは、
なぜか、自分が非ダイヤモンドのままでも、
 
なぜか、子供はダイヤモンドに育つと
思ってしまっている。
 
理由はさっき話したけど。
わないからそんなことってもビジネス(お金)にならないから。それに、普通にわれるし(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
昔、発達障害は「育った環境」の問題だとされていましたが、
 
今はそれは否定されてる。環境ではなく、先天的なものだと。
 
 
 
 
 
先天的なものも十分あると思う。
その要素を無視することは絶対にできないが
 
 
 
 
 
後天的な要素も十分にあるのだ。
 
 
 
昨日の大阪での火災事件の流れで、京アニ事件を改めて調べた人もいると思うが。
 
京アニ事件の犯人も、両親が離婚して、父親自殺してる。
 
 
外から見た時に、
 
親が子供に沢山の影響を与えてるのだろうなとは簡単に与えるのに。
 
なぜか自分が親になった瞬間から、、自分にいくら問題があっても、
 
 
なぜか。自分の子供はダイヤモンドだ。
 
 
と感じてしまう。
 
 
 
 
 
 
そしてもっと言うと。
 
 
 
 
 
 
例えば55歳のダイヤモンドの母親と、25歳の子供がいたとしましょう。
 
ただ、0〜50歳くらいまでは非ダイヤモンドで。
 
母親は、50歳くらいから心のことに興味を持ち
自分と向き合い始めて。
 
52歳で自分が好きと言えるようになり
55歳の今、毎日幸せと言えるようになったとしましょう。
 
 
 
すると、この母親は。
 
今、ダイヤモンドだから全てオッケー
 
だと思ってしまう。
 
 
 
 
 
 
 
どう言うことかというと。
 
 
 
 
 
この人は非ダイヤモンドの状態で
 
子供を0〜20歳まで育てたのです
 
この【20年間】
 
 
 
 
 
なのに、
 
今、自分がダイヤモンドになっただけで
、この【20年間は全てチャラ】になると思うのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
これ、本当によく聞きます。
 
自分がダイヤモンドになった瞬間に、過去の全てがチャラになると思ってるのです。
 
 
 
 
 
 
でも、
 
 
 
 
 
 
子供からしたら、自分が0歳から20歳まで、母親が非ダイヤモンドだったわけです。
 
そんなもん、子供も非ダイヤモンドになりやすいでしょうが。
 
でも、母親自身は「私はダイヤモンド」と思ってたりすると、子供に一切の共感ができなくなったりしてしまう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、定番の「子供には子供の人生がある」とか言って、突き放す。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子供は、非ダイヤモンドに親に育てられて、急に母親が変わって「あなたはあなたで頑張って」と突き放される。
 
マジで、、、どうしようもない。。
 
 
 
 
 
で、こんな母親からの相談は
 
「私はダイヤモンドですが、子供が〇〇な問題を起こしてます。、、どう考えたらいいでしょうか?」ってきます。
 
ナリも最初。、、ん?。。あれ、、あ、、、これはあれか。、。、。
 
「あなたがダイヤモンド思い出したのって、何年前っで、お子さんの年齢はいくつですか?」
 
って聞くことで。あーーーーーーーなるほどね。笑。
と理解できる。笑。
 
 
 
ブログ長ぇ!!wごめん。笑。
マジごめん。笑。長いわ。笑。
 
発達障害の話も京アニ時間も必要なかったかもしれない。おれは言いたいことが山ほどある。ごめんな。すまん。止まんねーのよ。おれ。
まとめる。
 
 
 
 
母親が非ダイヤモンドだと、子供が非ダイヤモンドになる確率は上がる。
 
 
 
 
 
この圧倒的に認めるのが怖く辛い事実は、タブー化されていて誰も言わない。
 
なぜなら、みんなビジネスだから。
嫌われるのも怖いだろうし。
 
子育てポルノの方が流行る。
 
これは、「子なし専業主婦ポルノ」だな。
でもなぜかおれは言ってしまう。
デメリットしかないのに言えてしまう。
 
それはなぜかと言えば
 
 
 
きっと「子育て(られ)論」以外の部分でもナリ心理学は十分評価されてるからってのが表向きの理由で。
 
裏の理由は、おれが、心理業界にいてはいけないレベルの珍しいタイプだからゲラゲラ笑。これが一番謝りたいことだ。すみません。全然反省しておりませんし、このあとクレープ食べます。すみません。クレープすみません。
 
 
 
 
 
母親が非ダイヤモンドだと、子供が非ダイヤモンドになる確率は上がる。
 
 
 
 
このタブーについて、
おれは今後も「ここは!!ふれあい動物園か!!」ってくらい触れていく。
 
「お前は心のムツゴロウか!!」ってくらいライオンに噛まれる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おれは辛いとかはないけど。
やっぱり、子供生まれてからなおさら
 
子供のことを考えるようになったんだと思う。
 
 
 
今までは、非ダイヤモンドの両親がいても、その子供までは特に言及しなかったけど。
 
やっぱり、子供のことを考えてら「お母さんは、、ダイヤモンド思い出して欲しいな、、」って思っちゃうのよな。
 
 
 
それに
あとは。
 
 
 
 
非ダイヤモンドの親が、
自分の子供はダイヤモンドに育つはずだ
 
って思ってるのを見ると。
 
 
「多分、無理だよ、、だってあなたの子供だよ、、( ^ω^ )」
 
 
って言わないと
いけない気がしてる。
 
だって、子供が。。。子供がさ、、子供は、、、それにまだ間に合うじゃん。
 
間に合うじゃん。笑。
 
 
 
 
 
 
「確かに、私は、非ダイヤです、、確かに私、、自分の子供は明るいから大丈夫だと勝手に思ってました、、けど、、、よく考えたら、5歳って皆、、明るいですよね、、w、、何でそう思い込んでたのか。。」
 
 
 
 
 
 
 
ナリ「大丈夫、みんな知らないから。笑。自分は親の影響で、非ダイヤモンドになったのに、子供は自分の影響で非ダイヤモンドにはならないと思ってるのは、、、みんなそう。笑。だっって、そんな話題、流行らないもん。そんな嫌われるようなことを言うのは、ナリくらい。笑。おれは、ほんとに嫌われますわ。笑。」
 
 
 
 
 
 
 
 
はい。子育ての超タブーの話でした。
 
 
 
 
 
 
ちなみにこの話は、
10年後も20年後もタブーだと思うよ。笑
 
 
 
※ここまで読んでしまった人はコメント・リブログ・Facebookでシェアしてくれると嬉しいです。