ナリ心理学ブログ2

セカンドブログです!!!メインはAmeba!

【H4】毒親になる基準とは?

 
 
 
 
 
毒親の基準だけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなこと言うのは日本で、唯一ナリ心理学だけだと思うけど。笑。
 
 
 
 
 
 
基本的に。
 
子供が母親に不満があるなら全員毒親ってことでいいと思うよ(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぎゃははははははははははははは!非道!笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
言ってしまうと
 
子供が親をダイヤモンドと即答できない限り全員、毒親ゲラゲラ笑。
 
極端だよなー!!!ごめんな。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
でもこの極端さには意味があるねん。それがわかってくれると助かる。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
例えば、
 
「あなたの母親のダイヤモンド濃度はどれくらいですか?」
 
という質問に対して。
 
 
 
 
 
 
 
「うちの親はダイヤモンド濃度100ですねーー」
 
毒親じゃない。
 
 
 
「....うーーん、、、ダイヤモンド99かなー、、」
 
 
 
 
 
 
 
当然98以下全部毒親(・∀・)こゆこと。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なぜなら、
 
 
 
 
そうしないとまないからだよ(・∀・)笑笑。
 
 
 
 
 
 
 
おれは別に毒親を増やしたいわけじゃない。笑。なんだよ、毒親増やすってw
 
 
 
 
 
 
 
話が進まないわけよ。笑。
 
だって、母親問題って、できたら誰も向き合いたくないじゃん。笑。
 
マジで。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
母親のことなんか誰もが考えたくないのよ(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
母親と仲悪いのに、
母親と向き合いたい人なんているわけない。笑。
 
だから、ずっとタブーでいたい。笑
出来るだけ考えたくない。笑。
 
 
 
 
 
 
 
だから、向き合わなくて済む理由がほしいよね。とにかく向き合いたくないから(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
 
 
そしたら、
 
「うちの母はまだまし」とか。
「虐待はされてない」とか。
「殴られてない」とか
「普通に育ててもらった」とか。
 
そうやって、
擁護するのがいいわけ。
 
 
 
 
 
 
 
 
そうやって、逃げるわけ。
 
 
 
 
 
 
 
母親を
擁護して、
 
私は母親とは問題ないってことにするんだよね。笑。
 
 
 
 
 
 
 
でも。
 
 
 
 
 
 
ナリ心理学は逃がさねぇよ(・∀・)笑。けけけけけ。おかかかかかかか。おにぎりには、シーチキキキキキ。
主役は、ごちそうおにぎり つまみにポテサラ、シメのホットサンド
Amazon(アマゾン)
1,188円
「爆ぜろ」
狗巻せんぱーーい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
母親とは問題ないと思ってる。
 
 
 
 
けど、自分は
 
自信がなかったり、
自尊心低かったり、
人の目が怖かったりする。。。。
 
 
 
そりゃそうだ。笑。
 
 
 
 
 
だって、自分は「あんな親の子供」なんだから。笑。
 
 
もしくは、「親に愛されてない」のだから。
 
 
 
 
ほら。
現実が答え。笑。
 
現実がそうじゃん。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
じゃー、かりにだけどぉ、、
 
子供が少しでも親に不満あったら毒親確定ってくらい厳しくしてなにか問題ある?って話だけど。
 
 
 
 
 
 
 
まっこり、
ないんだよ(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
あ、間違えちゃったハムニダ。
 
 
 
 
まったく
ないんだよ( ・∇・)笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あるのは、
 
「親に不満あるけどそれは仕方ないよね」って、みて見ぬふりして生きてる人だけだよ。笑。
 
 
 
もし、
見て見ぬふりして生きてても。
 
 
 
 
 
 
 
本人が
幸せならたぶん、
 
「あー、いいですよ。うちの親は毒親で。だって私幸せだし、経済的にも豊かだし、友達もいるし、仕事楽しいし、なーんの問題もないっすねーー」
 
で、終わるから(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
怒るのは、
 
母親をダイヤモンドとは思えないけど、向き合いたくないから逃げてるけど、、、
 
逃げてることすら認めたくない人だけだよね(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
「私の親って毒親なのかな?」と思ったら100%毒親
 
なぜなら、、子供がそう思ってる時点でアウトだから。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
一口食べて、、
 
「あれ?、、このカレーってウンコなのかな?」と思った時点で、笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
ウンコかどうかのまえにまず、そのカレー終わってるやん。笑。
 
終わってるなら、もうウンコやん。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
親を毒親かどうか一瞬でも疑った時点で、、もうウンコやん(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
そもそも
 
毒親かどうかって決めるのは、誰でもなく子供自身。
 
子供がそう思ったら、もうそうなんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毒親かどうかを第三者が決めることなどできない。
 
 
 
 
 
 
 
子供を殴る親でも、
その子が真っ直ぐ健全に育ち、
親になんの遺恨もなく
幸せに生きてたら
毒親ではない。
 
 
 
 
逆に、
 
殴りはしないし、
子供のために一生懸命頑張って
子育てしてても。
 
子供が親に対して
「あーあ、、この親、、」と思っていて。 
 
本人も幸せだと言い切れない毎日なら
もうアウトだもんね。
 
 
 
 
 
 
 
「親が何をしたから」より「子供がどう思ってるのか?」が、全てだよねーーー。
 
 
毒親って表現が怖すぎるけども笑い泣き笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うちの親は普通!とか思ってるのに、笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
子供の人生に悩んでたら全然、ダメじゃんねー笑。
 
 
 
 
 
 
 
これは覚えて欲しい。
 
毒親の基準はすごく簡単。
 
 
 
 
 
 
子供が、母親を100%ダイヤモンドって即答出来なかったら全員毒親。笑。
 
 
 
 
 
そしてなぜ、ここまで極端に考えるのかといえば、、、そうしないと、進まないから(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
 
 
進まないってのがただ一つの理由。
 
 
 
 
 
 
だって、
 
ナリ心理学はべつに毒親を責めるつもりは1ミリもないから。笑。
 
毒親にも、毒親になるべき理由があったんだろーし、
 
べつにいいのよ。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問題は、うちの親は普通!とか思ってるくせに、生きにくい人や悩んでる人に。
 
 
てめーの親は毒親だから!だから、てめーそんなクソちいせぇことで悩んでんだろーが!笑。
 
 
 
 
 
って、言いたいだけ(・∀・)笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
そう言うために。
 
毒親の基準は、「子供が親を100%ダイヤモンドと即答できない限り全員」ってことになるの。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おっけ?笑
 
わかりやすいっしょにやり?笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
だから、
 
みんなの想像より遥かに毒親は沢山いることになる。笑
 
世間で使われてるいわゆる毒親は、
 
ナリ心理学でいうところの「重度毒親だね。笑
 
「軽度毒親毒親だから、笑。
 
 
 
 
 
「少しだけうんこ」は、うんこじゃん。笑。
 
 
 
 
 
 
 
ダイヤモンド以外みんな毒親(・∀・)笑。
 
 
ウケる。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もし、自分が子供に対して毒親かどうか知りたかったら。
 
子供に「お母さんって、毎日笑ってて、楽しそう?人生最高って感じ?」って聞いてみたらいいと思うよ照れ
 
 
 
 
  
 
 
 
「お母さんのこと好き?」は絶対ダメ。笑。
 
なぜならそれ脅迫だから。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
あと、子供は、重度毒親でも親のこと好きだからね。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナリも今や親だけど。
 
ムッスメが、おれのことをダイヤモンドと即答出来なかったら、
 
毒親を受け入れるつもりだよ。
全然受け入れるつもりだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて。
 
 
「あなたの親は毒親でしたか?(・∀・)」