ナリ心理学ブログ2

セカンドブログです!!!メインはAmeba!

生き甲斐と、生き心地

 
先日奥さんと、テレビ見てて。刑事さんがでてきて、こんな会話したの。
 
 
 
 
 
 
 
 
奥さん「こんな大変な仕事したくないわーー」
 
ナリ「えー、おれはしたいわー」
 
奥さん「え」
 
ナリ「おれは今の仕事してなかったら、刑事とから医者とか、そういう仕事に命張ってる仕事したい。。」
 
奥さん「私は絶対やだw」
 
 
と。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナリは、たまたま心理の仕事してるし、この仕事に満足してるけど。
 
もし、この仕事をしてなかったら、
 
もう一度、子供の頃から仕事を選べたらどんな仕事するだろうかな?
 
って思うと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
刑事さんとか、お医者さんとか、新薬を開発する人とか、とか、
 
人の命に関係したり、自分の命をかけてやれる仕事を選ぶだろうなと思う。
 
 
 
 
 
 
 
それはなぜかと言うと、おれは。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕事人間だから(・∀・)にか!
 
だ。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人は、大きく2種類に分かれると思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕事人間
 
 
生活人間
 
 
 
 
 
 
 
これまた奥さんと話すけど。
 
奥さんは、「セミリタイアして南国に引っ越して家族でゆっくり暮らす」みたいなのが好きだ。
 
おれは、たしかに1〜2年くらいだったらいいけど。。想像するだけで、すぐ飽きるなーーってなる。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実際、ナリの今の毎日も、ほぼセミリタイアみたいな生活で。
 
毎日なんの予定もないし(今日はNBAの試合見るために朝早く起きたけど。8月から忙しい。NBAが本格的に再開するからだ)
 
会社に通勤もしないし、4連休とか街が混むから勘弁して欲しかったし、
上司も同僚もいないから、人間関係拗れないし、
休みもないし、そもそも出勤がないから。
日本中好きなところに、まじでいつでもいける。
 
(ワーチチを預けたり、ペットが泊まれるホテルを探さないといけないが)
 
 
 
 
 
 
 
嫌いな人に会うこともなければ、行動を制限されることはほとんどない。
 
生活だけみたら、セミリタイアみたいな生活してる。
しかもこれは、23歳からずっと変わらず笑い泣き笑。
 
もう8年くらいこんな生活をしている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
んでさ、これはまじでびっくりしたことなんだけど。笑。これはまじ信じられないかもしれないけど爆笑な話しね笑い泣き笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういうライフスタイルになる(9年以上)前って、
 
おれ、自由になりたくてさ、、自由なライフスタイルになったら、本当にいろんなところいって、いろんなところに暮らして、まじで自由を謳歌すると思ってたんよ!!!笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしたら、これまじでびっくりなんだけど。、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自由なライフスタイルになった途端、一切何処かに行きたいと思わなくなったの笑い泣き
 
 
 
 
 
これはおもろいでーー笑い泣き笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
海外旅行だって自由にいけるし、日本中いろんなところにいつでもいけるのに!のに!!!全然行かないの!笑。
 
 
 
 
 
 
笑っちゃうくらい、移動しないの笑い泣き
 
家→カフェ→本屋→カフェ→家→寝る
 
で、終わり笑い泣き
 
まじで、スタバとか週12とかで行くから、ほとんどシフト入ってる。
 
かれこれ8年ずっとこう笑い泣き笑。
 
 
 
 
 
 
ちなみに、結婚してからは、奥さんが旅行好きなのでいろんなところに出かけるプランを提案してくれるようになった。笑。
 
 
 
 
 
 
一時期、
 
毎月、1回福岡に行く予定があってさ
当然、予定があるのは1日だけなので、その前後は超自由なわけ。
毎月前後1週間福岡に滞在しててもいいし、何してもいいのに。
 
 
 
 
おれ、
 
家→東京空港→博多空港→予定→ホテル→博多空港→東京空港→家
 
という、博多についても、ホテルからほぼ出ないで終わったの。しかも、これ半年間ずっと。笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おれ、半年、毎月福岡行ってたのに、一切なんの観光も、どこにも行ってないの笑い泣き笑。
 
博多駅前にあるラーメン屋さんと、鳥皮屋さん行ったぐらい。
 
まじで、どこにも行ってない
天神?の屋台とか、一切行ってない。もしかしたら、一蘭に行ったかもだけど。
記憶はない笑い泣き笑。
 
 
 
 
 
おれのライフスタイル知ってる人だったら、「自由なんだからもっといろんなところに行けばいいのに」って絶対言うと思う。おれもそう思う。笑。
 
でもね、、なぜか、、いかないんだよね笑い泣き笑。自分でも最初、なんでなのかわからなかったわ。笑。
 
 
 
 
 
でさ、今日の話に戻るんだけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
おれ、仕事人間なんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もっと正確に言うと、
 
仕事ってより「心が掴まれる何かについて本気で向き合いたいタイプ」なんだ。
 
自由なライフスタイルになってもう8年。毎日欠かさずしてることはこの世界って何だろう?」「人ってなんだろう?」って考えてること。これだけはしなかった日がない。
 
まじで、1日もない。
 
これが、楽しくて仕方ない。笑。
 
 
 
 
 
 
そりゃ、簡単で、完全にストレスがなくて、なんでもうまくいくわけじゃない。
 
わからないこともあるし、答えが出ないストレスもあるし、うまくいかないこともたくさんある。
 
 
 
 
けど、、おもろい。やめられない。かっぱえびせん超え。
もう、ドラッグ。マンモスナリピーである。
 
 
 
 
 
そんで最初の奥さんとの会話。
 
奥さん「こんな大変な仕事したくないわーー」
ナリ「えー、おれはしたいわー」
奥さん「え」
ナリ「おれは今の仕事してなかったら、刑事とから医者とか、そういう仕事に命張ってる仕事したい。。」
奥さん「私は絶対やだw」
 
 
 
 
 
おれは人生に「生き甲斐」を求めるタイプなんだろう。
(それを前半では仕事人間と表現した)
 
 
 
 
 
 
 
しかもそれを世の中に評価してもらえることが、たまらなく面白いのだろう。笑。
 
はてなブログが月間100万pvを超えて、無名のただの青年が20代で、アメーバのオフィシャルブロガーになり、本を出版して、国際フォーラムだったりたくさんのところで講演会やセミナーを開催させてもらえてる。
 
 
 
 
 
 
 
今、31歳だけど。
 
 
20代の頃を思い出すと、めっちゃおもろかった。笑。やり甲斐めっちゃあった、笑。
 
 
 
 
 
ただ、全くどこにもいかない。笑。人生初の海外旅行は、28歳だ笑い泣き笑。
 
 
 
 
ただ、仕事が楽しくて仕方ない笑い泣き笑。
 
 
 
 
おれから、仕事とったらまじで屍。。笑。
 
南国でゆったりしながら、楽に生活してください。って言われて、2年なら頑張るけど、、もう無理だろうな。、、3年目から絶対なんかやり始めるねグラサン笑。
 
 
 
 
 
 
 
人生を考える時「老後」ってあるけど。
 
そりゃ、病気で体が動かなくなったら、老後でいいけど。体が動く限りは、絶対に働いていたい。笑。
 
死ぬその日まで働いていたい笑い泣き
 
そりゃ、体力なくて1日1時間くらいしか働けなくても、絶対に働いていたい。
 
人生とは何か?
人とは何か?
 
について考えていたい。
 
 
 
 
 
おれは、
 
人生とは何か?
人とは何か?
 
を考えることを仕事にしたかった。
だからそうできるようにした。
 
全てが簡単だったわけでも、順調だったわけでもない。
 
でも、やりたいからできるまでやった。これを世の中的には「努力」と言うし。おれも努力したと言う自覚がある。笑。
で、やっぱり最高笑い泣き笑。
 
 
 
 
 
 
 
人生には
生き甲斐とやり甲斐が必要。
 
それに
とことんのめり込むのが
めちゃクチャおもろい。
 
 
圧倒的に
面白い。
 
 
面白すぎてもう、困る。笑。
 
 
 
 
 
で、ここまでが仕事人間、生き甲斐を求めるタイプの人の話。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、ここからが、生活人間についての話。おれの話に共感できなかった人は、多分こっち。
 
生き甲斐とか、やり甲斐も大事なのはわかるけど、、、それに人生全部ぶっこむのは違うよなーーーって、思う人。
 
 
 
 
(あ、毎日終電とか、やりたくない仕事で、会社の愚痴とか言いながら働いてる人は、今日の話の仕事人間ではないからね。。。それはいわゆる、社畜ってやつであって。自由に選ぶ意志がある人が働いてて、仕事人間ね)
 
 
 
 
 
 
 
 
たぶん。
 
生き心地を重視してるんだと思う。
 
 
 
 
 
生き心地
心地よさ
気持ちよさ
快適さ
リラックスさ
抜け感
脱力感
ゆったり感
味わい
心の中の暖かさ
ゆるさ
 
これを、生活人間と表現した。
 
 
(カルピスが薄くて、ただ働きたくなーいって言ってる人は、、、カルピス薄いだけ。笑。今日の話は骨折してない人向け)
 
 
 
 
 
 
 
仕事人間と、生活人間。
 
生き甲斐と、生き心地。
 
 
 
 
 
 
 
 
例えば
ディズニーランド。
 
 
 
 
 
「ディズニーランドを最高に楽しむ方法を考えてください!」
 
ってお題が出たら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おれなら、
 
ディズニーランドのマーケティング部とか企画開発部に就職して、そこでディズニーランドをより発展させる仕事をするのが、一番ディズニー楽しんでることだと思う。笑い泣き
 
 
 
 
いや、笑。
 
年パス買って、遊ぶのも最高だよ!そりゃ!現実的にはそうだけど。笑。
 
 
 
 
人生賭けてディズニーランドを楽しんで!と言われたら、オリエンタルランドに就職したいな笑い泣き笑。
 
ほんで、、できるだけ早く出世する。笑。
 
 
 
USJでも、
ふじきゅーでも、
妙高サンシャインランドでも、
 
同じ。
 
(ひらパーと、サンシャインランドに関しては、本当は無理w)
 
 
 
 
 
 
世界で一番美味しいお蕎麦とはなにか?
 
と言われた。
 
 
 
 
「自分で0から作り上げた蕎麦」
 
 
だと思ってしまうタイプ。
 
(作るかどうかは別。現実的には蕎麦作る時間を「人生とは何か?」について使いたいので)
 
 
 
 
 
 
 
 
結局、おれは、「なんかやりたい!」のだ笑い泣き笑。
 
仕事人間だわ。笑い泣き
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディズニーランドに関しても
蕎麦に関しても
 
 
 
 
年パス買って、通う。
食べログ点数高い、蕎麦屋にいく。
 
ってのは、
 
 
「生き心地」を求めてる人の答えになる。
 
 
 
 
 
人生を最高に楽しむ方法は?
 
というお題があったときに。
 
 
 
 
 
生き甲斐的な答えを出した人は
 
生き甲斐タイプ。
 
 
 
 
生き心地的な答えを出した人は
 
生き心地タイプ
 
 
 
 
 
 
なんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
で、どっちの答えもなんの問題もないし、最高だと思うし。
 
割合、生き心地タイプが、7.8割なんじゃねーかと思うし。知らんけど笑い泣き笑。
 
 
 
 
 
一つ言えるのは、、
どちらのタイプにしても。
 
 
 
 
 
大切なのは、
 
 
 
 
 
他人の目を過剰に気にせず、堂々と生きてること。
 
 
にまじで尽きる。
 
 
 
 
 
 
 
カルピスの薄い
生き甲斐人間は、まじ辛くなるし。
 
カルピスの薄い
生き心地人間は、まじ逃げてるだけ。
 
結局、そこ。
 
 
 
 
 
ナリ心理学を作ってるのは、おれの「生き甲斐」だけど。
 
ナリ心理学自体は、生き甲斐タイプにも!生き心地タイプにも使えると思う。
 
なぜなら、
 
共通する
「堂々と生きる」を目的にしてるからね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
あなたは
 
生き甲斐タイプと、
生き心地タイプ。
 
どっちかな?ウシシ