■子育ては母親が笑っていればうまくいく。

こんにちは!
冒険の旅はいかがですか?私もプレステほしい(haha)

最近は夏休みのせいか子供との生活にモヤモヤしています。

『毒親』になってもいい、と自分をゆるした今日は記念日笑

あーーーーーーーー
子供達が苦労しないよう(私のせいで)毒親にならないようにしなきゃ!
 
と、

 

思い始めてから下の子(小5男)がめっちゃくちゃだらしなくなりゲーム三昧。先生の面談でもこれはまずいですよと言われ…。

ゲーム取り上げたけど
私のモヤモヤは消えない。
だらしないのも変わらない。
反抗的なお年頃突入…。
あーーー最悪。

それでも笑って生きててくれればいいよと言ってみても、私のモヤモヤは増すばかり。

何が不安だろう?
私の中の何が現実に写ってんだろう?
モンモンと考えた。

嘘ついたり誤魔化されるのが嫌いだったと気づいて、それだけはやめてほしいと息子に伝えました。

お互い涙涙で。

これで解決!と思っていたけど結局また起こる同じ現象(T-T)
しんどいと思った。

そんな中で親シリーズ読んでて辛かった。
お母さん好き!私の事好き?ってドキドキしてやったのに、好きって言ってもらったのに、なんでこんな現実山あり谷ありなんだーーー!
って笑

でもね、毒親になったらダメ!って自分を縛ってるのかも?と思い始めたんだよね。

子供に私と同じ思いはさせたくないって思えば思う程、毒親な自分にバッテンつけてた。

なんか急にアホらしくなって…。

子供を傷つけてもいい。
毒親でいい。

と思ったら…素直に怒れた!怒った後スッキリ爽快!
長々とお説教するいつもの私はではなかったんだよね。

息子がどーなるかはわかんない。
でもそれでもいいよ。
忘れ物しても、だらしなくても。
(直って欲しい気持ちもまだある笑)

嘘付いてもいい。
誤魔化してもいい。

ただ、私が嫌だったら伝えるし怒る。
それは悲しいって。

結果はわからない、それでいいよなって思った。

汚い言葉で激しく怒る母でもいいさ。

嘘ついてもいいよ~
誤魔化してもいいよ~
って許可しちゃおう私に。
すごく恐い笑

そんで毒親でもいいよ~
に許可しちゃおうって思った日でした。

 

 

 

___

 

 

 

 

よっしゃ!毒親になろうぜ( ̄▽ ̄)なっちゃえなっちゃえ。

 

まじで、子供がゲームしててもほっとこうぜ、勉強せずに怒られるの自分だしなw自業自得。笑。

 

 

 

 

毒親か

毒親じゃないか。

 

なんて

どーでもいいやん( ̄▽ ̄)

 

 

あなたの人生だぜ。

ユアライフだな。

タイム・ゴーズ・バイ。

フラジール。

あいのり。

 

 

人生って

生まれて死ぬまでまでの時間。

 

つまり、人生=時間。

 

たかだか80年。(ナリも気がついたら28年経ってたさ。早かった。ね?先輩方も早かったでしょ?w)

 

 

そして

人間は「過去も未来も生きられない」

 

「今しか生きられない」

 

昨日をもう一度やることも、

今日、明日をやることもできない。

 

 

80年間、毎日今日。

エブリデイ イズ トゥデイ。

 

 

 

今日以外の日が、人生にはない( ̄∇ ̄)

当たり前すぎることなんだけど、たまに忘れるよな。笑。

 

 

だから、

昨日を楽しむことも、

明日を楽しむことも、

今日はできない。

 

昨日は昨日楽しむしかないし、

明日は明日楽しむしかない。

今日は楽しめない。

無理。

まじ、リームー。

 

 

 

今日は、

今日しか楽しめない。

 

今日は

今日しかない。

 

今日は

今日やるんだ。

 

今日は

今日生きる。

 

今日は

今日。

 

トゥデイ イズ トゥデイ。

 

(ちょいちょい英語のハマってんの?やめてもらっていい??w)

 

 

 

 

毒親か

毒親じゃないかってのは、

まー、どうでもいいやさ。

 

お母さんもさ、

とにかく今日生きよう。

 

子供のゲームにイライラすんのは、

お母さんが今日生きてないからやな。

 

明日か、

来週か、

夏休み明けか、

未来を生きてるよな。

 

それを

息子に押し付けてるわけやな。

 

息子は、

今日を生きてるのにさ。

 

 

息子が

今日を生き過ぎて、明日(夏休み明け)困ったとしてもそれは息子の人生やもんね。

 

 

先生に何か言われるのはあなたかもしれないけど、、w

そん時はさ、、、「本当、先生この子を叱ってやってくださいよー笑」でいいさ。

 

 

もうさ、、

ナリ心理学では「子育てはこうしよう!!」ってのがもうあってさ、、全てそれを元にして考えてます。

 

 

 

それは

 

 

子育ては、母親が笑ってれば、うまくいく。

 

 

です。

 

 

 

 

先生に心配されようが、

ゲームしすぎだろうが、

不登校だろうが、

なんだろうが、

なんだろうが、、

 

母親が楽しいんで生きてること。

母親が笑って生きてること。

 

だけ。

 

他は、特に何もいらない。

f:id:k_nali:20170807084346j:plain

f:id:k_nali:20170807084421j:plain

f:id:k_nali:20170807084453j:plain

f:id:k_nali:20170807084648j:plain

f:id:k_nali:20170807084708j:plain

f:id:k_nali:20170807085035j:plain

f:id:k_nali:20170807085059j:plain

f:id:k_nali:20170807085124j:plain

 

 

全部は、

 

子育ての、ナリ心理学のカウンセリングでは全ては、

 

「お母さん笑ってる?」の質問からです。

 

 

そしたら、

・子供が不登校です

・子供がゲーム三昧です。

・子供が掃除しません。

・子供が勉強しません。

・子供が反抗的です。

・子供の推しメンが須藤凛々花でした、、

・かわいそうです。

(それはかわいそうだ)

 

とか

いろいろ返ってくるけど

 

「あ、お母さん、、それ全部無視して大丈夫です( *`ω´)まずは、お母さんが笑いましょう!!そしたら、自然と、どうでもよくなって生きますよ」

 

というか、

もともと問題なんて何もないんだけどね。

 

って教えてあげる。

 

 

 

もうこれ、名作だから貼っちゃうけど、w

ナリ心理学は子育てに対しては、これをベースに考えてます。

★子育てシリーズ、これさえ読んでおけば、あなたも今日から尾木ママに!

■「オマエ、死ね」と娘が私に言う理由 - ナリ心理学

■子供が不登校児だから、私は素晴らしくないです。 - ナリ心理学

■お母さんだけずるい!!! - ナリ心理学

■お母さんの一番の仕事 - ナリ心理学

■子育ての悩みは結局これだったりする。 - ナリ心理学

■ママへ⭐️子供を大人にする子育て - ナリ心理学

■答えなんかないんだから、 自分が「そう思ったこと」を全力でやれ。 - ナリ心理学

■最高の親孝行と最高の子育ては同じ。 - ナリ心理学

■【※子育て中の人へ】これが子育ての正解だと思います。 - ナリ心理学

■「人のため」が愛だと思ってませんか? - ナリ心理学

■子供が不登校なのにお母さん毎日楽しそうに爆笑してます。 - ナリ心理学

 

子供の主食は

カレーの王子様じゃないんです。

 

子供の主食は

お母さんの笑顔です。

 

お母さん笑ってないと、

子供餓死しちゃう。。笑。

 

ほんで

子供はお母さんが笑ってないと、

 

大きくなってから

あの時のお母さんの笑顔を取り戻そうと、

 

人の顔色ばかりうかがう大人になってしまうんだ。

 

それは

笑顔の栄養失調で、

 

それを本当の「失笑」って呼ぶんだぜ。

※本物の無職に次ぐ、名言。w

 

 

だから

お母さんは「自分が笑うこと」

をとことんしていいで( *`ω´)

 

 

結果、

それが一番子供笑うから。

うん、本当。

 

 

 

28歳のマザコンより。

(男はみんなマザコン。エブリ マン イズ マザー コンプレックス)

 

 

 

※ここまで読んでくれたお母さんはFacebookでシェアしてくると嬉しいです。