■親に人生を狂わされて子どもたち、、

 

f:id:k_nali:20170730071306j:plain

誰かを責めても解決しない。

むしろ悪化する。

誰かに「原因がある」というのと、誰かの「せいである」ってのは似てるけど、全然違う。

 

例えばいじめ。

ナリ心理学では、いじめはいじめられっ子に「原因はある」が、いじめられっ子の「せいではない」って考ます。

いじめっ子が100%悪いんだ!論になると、、いじめられっ子のことが見落とされてると思う。

 

ちなみに、これは勇気を出した考え方だと思うけど、

 

いじめっ子に「原因がある」が、いじめっ子の「せいではない」とも考ます。これは反発されるだろうなってのはわかった上で、、そう考ないと、、いじめっ子を責めて終わりになるからです。いじめっ子を責めるのがゴールではないでしょう。責めて終わらせたくなる気持ちもわかるけど、、多分終わらないのです。

 

いじめっ子にも原因はあるが、全てがいじめっ子のせいではないと思う。

 

毒親になってしまったのは母親に「原因はある」が、母親の「せいでない」と考ます。でないと、、毒親責めて、悪化して終わるだけで。毒親を許せない自分は「母親への復讐の人生」になってしまうから。

 

毒親を責めることがゴールではなく、

復讐の人生をやめることがゴールなのだ。

 

親に人生を狂わされた子どもたち...

※動画消えてたらごめんね。

 

「毒親」ってキーワードに自分が関係あると思う人はこれも観てみて欲しいな。そんでもって、心の仕組み的に「どうしたらいいのか?」を考えてみて欲しいな。

 

このナリ心理学のブログを読んでくれてるなら、、多分それなりに「心の仕組み」ってわかってきていると思う。。だから、共感して、あーそうだなーーーって終わるんじゃなくて、、、「乗り越えれる前提」ってどうしたらいいのか?自分がこの人だったらどうするか?この人に相談されたらアドバイスができるか?とか考てみて欲しい。

 

一段、上のステージに立って欲しい。

 

毒親最低だよね。

本当かわいそうだよね。

なんでそんなことするのか意味わかんない。

まじ子供産むなし。

は?、、終わってんな。

意味不明、、、

残念すぎる、、、

なんでそんなことになるん。

まじわからん、、

 

とか、毒親否定しても何にもならんからさ。そういうのはやめようね。否定して、敵にしても悪化しかしないから。

 

だから、「さて、この場合はどうしたらいいだろう?」ってせっかくナリ心理学のブログ読んでるなら、考てみようぜ!♪( ´▽`)

 

 

 

 

※自分は母親に100%愛されてるし、信頼されてると即答できない人は、とりあえず、いろんなこと一旦ストップして、これ全部読んで見てね。

No.1■母親と世界の関係 - ナリ心理学

No.2■あなたは愛されている - ナリ心理学

No.3■加害者は、元被害者だ。 - ナリ心理学

No.4■復讐の人生をいつ辞めるか - ナリ心理学

No.5■過去とか知らん。 - ナリ心理学

■「次女/次男/末っ子/ひとりっ子」さんたちへ、信じて欲しい必ず飛べるから。 - ナリ心理学

No.6■今まで感じたことのにない安心感。 - ナリ心理学

No.7■そもそも嫌われてないから。 - ナリ心理学

No.8■深い悩みほど、結局「母親」に繋がる。 - ナリ心理学

■毒親について - ナリ心理学

■良薬口に苦しだ。 - ナリ心理学

番外編

■母親からの呪いを解く方法。 - ナリ心理学