読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■目の前の現実はすべて自分だという。

結局、

 

自分を

バカにできるのは、

自分だけよな。

 

 

あの人にバカにされたって、

あいつにバカにされたって、

あのやろうにバカにされたって、

旦那にバカにされたって

職場のやつにバカにされたって

友達にバカにされたって

知らない人にバカにされたって

 

 

 

結局は、

自分で自分をバカにしてないと、

それって受け取れない。

 

 

 

痩せてる人に

デーーブって言っても、

『、、、んσ(^_^;)?』ってなるし、

 

 

170センチのナリに、

チーービって言っても

『、、、(゚∀゚)ほ?』ってなる。

 

 

 

的外れすぎて、

受け取れない。

 

 

 

例えば仮に、

渋谷の交差点とかで、

 

「お母さーーん!!」って呼んだとすると、

 

お母さんは振り向く。

 

 

 

僕は振り向かない。

 

実はおれはお母さんじゃないから(*゚∀゚*)笑。

 

 

「お父さーーん」でも同じ

 

お父さんだけ振り向く。

 

 

 

僕は振り向かない。

 

だってお父さんじゃないから。

 

 

さて、どーやったら僕は振り向くのか?、、いや!そーゆーゲームではないσ(^_^;)笑。

 

 

 

 

自分が当てはまるかもしれないものだけ「自分は反応してる」

 

ということは、

 

「反応してるもの」すべては、自分に当てはまるかもしれないことだ。

 

 

 

「反応してるもの」ってのは、

 

「目の前の現実すべて」のことだ。

 

 

 

ということは、

 

「目の前の現実はすべて自分だ」

 

ということになる。

 

うっわ(●´ω●)

そうかなるほど、一人で納得した。笑。

 

 

 

 

・目の前の現実全てが自分

・自分が反応してることが現実

・反応してない現実は見れない

・だから

・見えている全てが自分

 

 

うわ。なんか、哲学みたい。(*゚∀゚*)

笑。

 

ナリーチェと呼んでくれ

(ナリ+ニーチェ)

f:id:k_nali:20170429043842j:plain

 

 

 

 

そんで、

ここまでを大大大前提として。

 

 

 

他人に自分を

バカにすることは

できない。

 

「あの人にバカにされた!」

 

と思ったとき。

 

 

それは、

自分が自分をバカにしてたのを、

あの人が思い出させてくれただけなんだよね。

 

 

 

目の前の人に

された「それ」

 

実は

自分がもう自分に「してた」ことで、

 

その人が「再認識」させてくれただけなんよなー。

 

 

 

ということは、

 

自分が自分にしてることが、

 

人が

自分にしてくれることで。

 

世界が

自分にしてくれることだ。

 

 

 

 

つーことは、

 

 

 

世界が

自分にしてほしいことを

 

自分が

自分にしてあげれば、

 

世界はそれを

自分にしてくれるし、

 

人はそれを

あなたにしてくれる。

 

 

 

 

ってことだ。わお。すげ、なにこれ、なんなの?この哲学みたいなやつ(●´ω●)

 

 

 

すげー

ことだから、もう一回言おう。

 

 

 

世界が

自分にしてほしいことを

 

自分が

自分にしてあげれば、

 

世界はそれを

自分にしてくれるし、

 

人はそれを

あなたにしてくれる。

 

 

 

うっわ!すっげ!破壊力。(*゚∀゚*)笑。

 

もっかい言っていい??

 

 

 

世界が

自分にしてほしいことを

 

自分が

自分にしてあげれば、

 

世界はそれを

自分にしてくれるし、

 

人はそれを

あなたにしてくれる。

 

 

ぎゃいーーーん。

痺れる:(;゙゚'):

 

 

 

自分と仲良くなると

世界と仲良くなるなのか。

 

k-nali.hatenablog.com

 

 

 

ナリ、独演会のチケット発売してます♪♪
http://03auto.biz/clk/archives/iijykn.html

 

 

 

ナリ心理学公式line@にもどうぞ!

http://line.me/ti/p/@hpi8059q

 

 

 

※読んでくれた方はfacebookにシェアしてくれると嬉しいです。

※下に月別アーカイブ作ったのでどうぞ!