■息子が言うことを聞いてくれない

誤解してるかもだけど、

 


ナマケモノって、

・できない
・やらない
・能力が低い
・わからない
・頭悪い

とかじゃなくて、

・不安から逃げてる

ことね、(*´꒳`*)笑。

 

 

大切なのは、

 

 

「できるかできないか」ではなく、『やってみるかやってみないか』だし『勇気を出すか出さないか』なのよね。

 

 

結果なんてクソどーでもいい。

 

 

自己紹介代わりにうんこをさせていただきますって感じ。 

f:id:k_nali:20170420113059j:image

f:id:k_nali:20170420113104j:image

f:id:k_nali:20170420113119j:image

f:id:k_nali:20170420113126j:image

※人の息子さんをガキとか言うのは純粋におれの口の悪さです。ごめんなさい。

f:id:k_nali:20170420113134j:image

f:id:k_nali:20170420113223j:image

f:id:k_nali:20170420113228j:image

f:id:k_nali:20170420113957j:image

 

 

 

できるか

できないかは関係ないの。

 

 

息子に注意して

治るか治らないかは関係ないの。

 

 

両親が本音でぶつかるかどうか、

やるかやらないかの話。

 

 

そして、

 

22年ずっと、。、両親は逃げてきたんだろーから、そんなすぐは変わらんよ息子も。それは仕方ない。

 

 

バイトの面接いくの怖いんだろーよ。

社会に出るのが怖いんだろーよ。

わかるよ気持ち。

 

おれと6コしか変わらんし、おれも22歳のときは、レペゼン豆腐メンタル, like a こんにゃく,で、ブルブルで生きてたから(*´꒳`*)笑。

 

 

 

両親が

本音ぶつけてくれんから、

 

 

両親が

逃げまくってるから、

 

 

たぶん

家族関係以外でも、両親は逃げまくってると思われる。

 

・仕事でも

・夢でも

・人間関係でも

 

 

だから、

 

息子も、

 

本音でぶつかったり頼ったりしていいのかわからんのだと思うよ。

 

だから、

息子も逃げてる。

 

それが生活に出てるんだと思う。

 

 

親父が

殴るってのは暴力ではなく、、

 

親父の魂の話だわな。

 

男同士なんだから、殴り合い取っ組み合いがあってもいいよ。

 

我慢してると、

近くの人を我慢させてしまうから、

 

両親が我慢してると、

子供を我慢させたりする。

 

親子関係ではよく

なりがち。

 

 

 

結果どーなるかなんてわからんけど、

 

我慢してるんじゃなくて、

 

本音でぶつかるだよ。笑。 

f:id:k_nali:20170420130603j:image

はっきりいって

20年近く逃げてきたんだから、

 

そんな

 

1回や2回では変わらん。いや、キャワラン。

 

でも確実に影響は出始める。

 

 

 

時間がないとかナッシングね。笑。

 

大人の特権の有給使ってね。笑。え?有給とれない??それはそれでブラック企業かよ!笑。

 

 

 

一日中戦い続けて、泣き続けて、叫び続けて、目ん玉腫れていい。まずは戦いに慣れよう。自分は地球上ではなく、サイヤ人なんだ!って思い出そう。戦いまくってくれ。とにかく戦ってくれ。壁ボロボロになるまで暴れてくれ。大丈夫そっからだから!笑。

 

そしたら、ゆっくり心が晴れてくから。

 

 

結果はクソどうでもいい。

 

戦うことに意味と価値があるよ。

 

戦うことに。

 

 

あっ、

ちなみに戦うってのは、息子を否定することじゃないかんね(`・∀・´)笑。

 

息子に本音言わせることだから!

 

そのためにお母さんお父さんも本音な!

 

それは

息子の前だけじゃなく、普段の生活でも本音で行こうとすることな!

 

 

めっちゃ怖いだろーけど。そっからだから!大丈夫!俺たちには、戦闘民族サイヤ人の血が流れてるんだから!!

 

戦おう!!

とにかく戦おう!!

やりあおう!やりあおう!

ポッコポコにやりあおう!!

ゲロでて、

前歯吹き飛ぶまでやりあおう!

それからだ!!!!

 

ナリ心理学は、

暴力を推奨します。

 

(株式会社ナリ心理学は反社会的団体なので)

 

※ここまで読んでくれて反社会的なあなたへ。面白かったらこの記事を日本にいる戦闘民族のみんなきシェアしてあげてください。