■世界に許される方法

f:id:k_nali:20161228135643j:plain

こんばんは!
今さっきの「父に、あの時こうされたのが嫌だった……」

■父に、あの時こうされたのが嫌だった、愛されてないと思ってた、父を憎んでたとかLINEしたら、すごくショック受けたみたいで、もう返事が返ってこなくなりました。笑 - ナリ心理学

の投稿で少し混乱したたのでこちらに書いておきます。私一人に返事いただかなくても、同じような質問が来たらまた記事にしていただけたらと。

今までのブログ読み返してる限りでは、『上手くいってない人は家族と仲が悪い人が多い(仲が悪いというか向き合ってない?)』、親と和解しましょう、親を許しましょう、って解釈してて、じゃあ今更やり合っちゃいけないのかな、許さないといけないのかな、って思ってましたが、さっきの記事だと、ボッコボコになっても机ひっくり返しても窓ガラス割ってもとことんやり合えって。

で、「え…?やり合っていいの?やりまくっていいの?だって、許せっていうから我慢してきたのに…」(あっ!自分で我慢って書いてる(笑))ってちょっと混乱してます。

それとも、とことんやり合った先に和解や許しがあるよという、ただの順番の問題でしょうか?

色んなスピ系,心理系,引き寄せ系、こぞって『親と和解』『親を許せ』って言ってて、そうしなきゃいけないんだーって…我慢してたと思うし苦しかったと思います。

でも、『親とちゃんとやり合えないのに世の中とちゃんとやり合えない』は激しく納得しました。

今回の記事は一番のヒットかも。ありがとうございました。

 

 

 

__

 

 

 


お互いの腹のなかに溜まってるもんを吐き出しましょう!!

 

ってことですよ(*´Д`*)

 

その後、
『許しましょう』です。


そして、
『許されましょう』です。

 


腹のなかにあるもん吐き出さずに、「許しました」ってのたぶん我慢なよよね(>人<;)

 

そんで、

親に腹の中を見せれん人は、

世の中にも腹の中を見せれんので、

いつまでたっても

 

 

 

世界は敵です。

 

 

敵が現れたら

【逃げる】
【戦う】

しかないのです。

 


どちらかを選ぶのです。

 

 


【逃げる】を選んだら、

→自分は逃げなきゃいけない存在である。自分は逃げるべきである。

と思わなければいけないので。

自分のことをどんどん【弱いこと】にします。

 


自分を【弱いこと】にするために、


・自分に自信がない
・自分は愛されてない
・自分にはできない
・自分には才能がない
・自分の環境が悪かった
・セルフイメージが低い
・自分らアダルトチルドレンだ。
・自分には精神的にダメだ
・精神障害がある
etc..

 

など、
どれかを選び、


自分を【弱いこと】にします。

 

これを【ナマケモノ・タイプ】と呼びます。


※怠けてるからナマケモノではなく、自分を弱いことにして、自分の身を守る方法を取っているいうことです。

 

 

 


世界は【敵】なので、
敵に【やられないよう】にするために、
自分は【弱いこと】にして、【逃げる】のが、【ナマケモノ・タイプ】です。

 

 

 

・自分に自信がない
・自分は愛されてない
・自分にはできない
・自分には才能がない
・自分の環境が悪かった
・セルフイメージが低い
・自分らアダルトチルドレンだ。
・自分には精神的にダメだ
・精神障害がある
etc..


を感じてる人は『ナマケモノ・タイプ』に入ると思います。


※良い悪い、善悪ではないので、ただの分類なんで気にしないでねー٩( 'ω' )وナマケモノタイプだからダメ!とかではないよーー!!ナリは逆にもう一つのタイプの方でしたから(*´Д`*)笑。

 

 

もう一つのタイプ

 

 

 

世界は敵である。

 

 

 


敵が現れたら

【逃げる】
【戦う】

しかないのです。

 

どちらかを選ぶですを

 


【戦う】を選んだ人は、

→強くなるにはどうしたらいいのか?を考える毎日です。


・仕事
・地位
・お金
・知識
・資格
・貯金
・人脈
・コネ
・経験
・努力
・自己責任
・やるしかない
・自慢
・虚栄
・見栄
・いいねの数
・人のいいねの数
・人の収入
・人の評価
etc..


なんでもいいのですが、、とにかく自分を【強く】して、【すごい自分】になることに取り憑かれています。


この人たちを
【ライオン・タイプ】と呼びます。


ライオンタイプの人がとにかく嫌いなのが、

→劣等感

とにかく大好きなのが、

→優越感

です。

 


劣等感から逃げ、優越感に浸るためにとにかく頑張るし、努力します。

自分の幸せは二の次で、頑張るし、努力します。

頑張って、努力すれば、いつか世界を倒して、優越感に浸って幸せになれると思ってます。

が、これはほぼ無理。笑。

だって、
自分より強い人はいくらでもいるし、休んだら自分より弱い人がいつ自分を脅かすか不安で仕方ないので、

走り続けるしかないからです。


これを【地獄のデスレース】と呼びます。

 


世界は【敵】なので、
敵に【やられないよう】にするために、
自分を【強く】して、【戦う】のが、【ライオン・タイプ】です。

 

 

 

 

・ナマケモノタイプ

・ライオンタイプ


ナリはめちゃくちゃライオンタイプでした(*´Д`*)あちゃー。笑。

 

 

 


ナマケモノはライオンを恐れてて、ライオンはナマケモノが嫌いです。笑。

同族嫌悪です。笑。


ナマケモノもライオンも敵から逃げてるので、本質的にやってることは一緒です。

ルートが違うだけ、笑。

 

 

そんでもって、
ナマケモノだろうが、
ライオンだろうが、
別にどっちでもいいんです。笑。

 


つーか、

どっちも、


世界は敵である。

 

という大前提だから
どっちもどっちで、。笑。、

 

世界は敵で、
敵がたくさんいるから不安で、
その不安から逃げるための方法として、

弱くなるか、ナマケモノ。
強くなるか、ライオン。

どっちかを選んでるだけなので、どっち選んでも別に変わらない。笑。

 

世界は敵じゃない!

 

という前提にしないと。笑。

 

 

世界は敵じゃない。ということにするためにはどうしたらいいかというと、

 

 

それが、

親に腹の中をぶちまける

ですよ。

 

やりあうんですよ。

 

やりあって、


「よーし!わかった!あんたの本当に の気持ちはそーゆーことだったか!!わかった(`・ω・´)」


って相手の腹の中を受け入れたとき。

 


世界は
あなたを、


「よーし!わかった!あんたの本当に の気持ちはそーゆーことだったか!!わかった(`・ω・´)」


って、

受け入れてくれるんすよ。

 

それが
許されるということです。


自分が
自分を許して
腹ん中さらけ出す。

自分は
親に許されて
腹ん中さらけ出される。

あなたは
世界を許して
腹ん中さらけ出す。

あなたは
世界に許されて
腹ん中さらけ出される。

 

 

これが、
【許される】ってやつ。

 

 

 

 

世界に許された時、待ってるのが自由に生きてもだれにも何にも言われない世界でしょうね。 

 

何しても、何してても、許される世界。

 

 

 

「え?じゃあ、人殺してもいいの?」って思った?笑。

 

 

多分

そう思った人は、

 

この記事もう一回読み直してほしい、笑。

 

 

 

自分を許して

世界に許された人は

多分、人を殺したいとか思わないから、笑。

 

 

自分を許してなくて、世界に許されてない人は人を殺すんだと思うよ。

 

 

 

 

自分を

許してやってつかーーさい、w

 

 

 

今日すげーいい話したわ!!ノーベル賞ものだね。もー、この記事はFacebookでシェアしてな!!
よし!お祝いに夜お寿司たべよっかな。(*´Д`*)笑。

 

 

え?
炭水化物太るからダメ?

 

えー、許してぇ〜♪♪


笑。

 

 


※ここまで読んでくれた人はFacebookでシェアしてくれると嬉しいです(*´Д`*)特にナマケモノタイプの人。笑。