■あげまんさげまんの見分け方

f:id:k_nali:20161228142312j:plain

 

あげまんには

 

母親型のあげまん

マリーアントワネット型のあげまん

 

がいて

 

 

 

さげまんには

 

コントロール型のさげまん

尽くし型のさげまん

 

がいる。

 

 

どちらも

根本は同じで

 

 

不安と向き合えてるかどうか、

 

です。

 

 

 

この例え話はよくするんですが

 

 

 

東京タワーを登る方法。

 

 

自分のパートナーが

東京タワーを外側の鉄骨からロッククライミングみたいに登ろうとしてる時

 

 

 

コントロール型のさげまんは

 

「ちゃんと登れよーー!!うまくやれよーー!!!失敗したらぶっ飛ばすからなーー!!絶対失敗するなよーー!!」

 

 

 

 

尽くし型のさげまん

 

「お願いしますーー!登って下さい!!どーにか登って下さい!!お願いします!!登ってくれないと!!登ってくれないと!!困ります!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

母親型のあげまんは

 

「失敗しても大丈夫だよーー落ちてきても大丈夫だよーー下にマット敷いておくねーー💖楽しんでねーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

マリーアントワネット型のあげまんは

 

「あなたならできるよーーー♪♪だってあなたはすごいんだもーーん♪♪登ろうと挑戦しようとすること自体がもうすごすぎる!!!すごい!!天才!!すごーい!!すごい!!そもそも登らなくてもすごい!!もうあなたはすごい!!すごいよ!!素敵!」

 

 

です。

 

 

 

 

 

k-nali.hatenablog.com

k-nali.hatenablog.com

 

 

 

自分自信が

「不安と向き合えているかどうか」が分かれ道だと思うんです。

 

自分が自分に思っていることが

自分が世界に思っていることとイコールなんでしょう。

 

そのまんま目の前の人はそうなっていくんですよ、

 

 

世界に心配してる人には

心配したくなる現実が、

心配したくなる人が目の前に現れて「くれる」

 

 

世界にすがりたい人には。

すがりたくなる現実が、

すがらせてくれう人が目の前に現れて「くれる」

 

 

 

 

世界を信じてる人には

信じれる世界が、

信じたい人が目の前に現れて「くれる」

 

 

そうやって

見せて「くれる」

 

見てるのは自分だけど、、、笑。

 

 

 

 

ということは世界は自分の思い通りか?