読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■【15分で読める】お金待ちになる方法

■お金 ⭐️キングコング西野亮廣独演会

大迫直子と柏木えりこが、

キングコングの西野さんを大阪に招待して独演会を2016年12月にやるらしい。

 

理由を聞いたら、

『大好きな西野さんのイベントに行きたい。でも、すーーーぐ埋っちゃうし、そもそもこっち(西日本)であんましやってないの、、東京なの。、。(´;ω;`)、。だから、私たちみたいに行きたいけど行けない人たちってたーーくさんいると思うのよね。。、だから、、おっきな会場で呼んじゃえば、、そんな心配なくなる。、。、みんな来れるやん!!!ってそー思ったの(*´∇`*)♡』

って言ってた。

 


へーー、そーなんだー、⊂((・x・)⊃と思った。

 

西野さんのイベントって即完なのかーーと思った。

 


僕は正直、キングコングの西野さんはお笑い芸人としてしか知らなくて。

ゴッドタンの「大声クイズ」とか劇おもろくて。(*´∇`*)笑。

『振り向いてすぐに、鏡を見つけて髪を整えるゲーム』も最高に笑ったし。笑。

思いっきり「はねるのトビラ」世代だし。《キングコング西野》といえばお笑い芸人なのだ。僕の中では。

 

 


最近、
僕のタイムラインに西野さん関連の記事が良くあがってくるからよく見る。

ということは、

僕がいる《心の業界》でもキングコングの西野さんはえらく人気者なのだなーーーと思う。

 

 

西野さんの著書『魔法のコンパス』を買って読んだ。スラスラ読めた。読みやすい本だった。

『先に全てを出してしまう』というのは面白い発想だった。目から鱗でした。

僕もこれからそーしようと思った。先全出しだ。

 

 

 

キングコングの西野さんを招待した。

 

2016年12月16日に大阪に来て独演会をしてくれるらしい。

 

 

 

ナリ心理学もお手伝いすることになった。

  

 

『うわーー、、、集めるの大変そーじゃん!!(´;Д;`)』って思った。



でも、

主催の2人の話しを聞いてたら、

「集める」ってよりも、

来たい人がすでにいるから『お知らせする』なんだなと思った。

 

【もうすでに来たい人がいるからお知らせしてあげる。】

 

 ただいま発売中!!!(満席キャンセル待ち)

 

 


西野さんのイベントは面白いらしい。すぐ埋まるらしい。西日本ではそんなにやってないらしい。西日本の人が待ってるらしい。


あーーなるほど、、、こりゃ、、、うちらは丁寧にみんなにお知らせすればええんだなーーと思った(*´∇`*)

 

 

キングコングの西野さんの独演会は面白いらしい。

 

 


今回、大迫直子と柏木えりこは、

独演会のテーマを「お金」でお願いしたらしい。

 


■お金待ちになる方法。


西野さんは「信用はお金に具現化できる!」と

これ読んで。読んだら戻ってきて。

logmi.jp


読みましたでしょうか。

 

 

 

 

 


ここからはナリ心理学の勝手な解釈です。( *`ω´)笑。


信用はお金に具現化できる。お金持ちになりたかったら、「信用持ち」になればいい。←わかりやすい。

 

じゃー「信用」ってなんだ??、、、ふむふむ、、ここでナリ心理学は考えるわけです(΄◉◞౪◟◉`)

→「信用とは人に信じられてること」(つまり、信じられてる人はお金待ち)

 

ってのが一番最初に思いつくと思うが、これには大きな誤解があると思う。TV消して、心して聞くように。( *`ω´)笑。

 


まず、人に信じられてるとはなんだ????

 


ナリ心理学では「信じること」と「契約してること」は違うとよく言う。ここがほんとーーに混同される。


例えば「彼氏を信じてたら浮気されました(´;Д;`)裏切られた。」というとき、これは全く信じてない。信じているのでなく、契約しているのだ。


【あなたは彼氏、私は彼女、だからそういう行動をしよう】という契約。


契約なので、相手がそうではない行動をしたら「裏切られた」となる。契約だから契約違反があるのだ。「信じる」とはそーゆーことではない。

契約するのは「自分にとって都合のよい選択だけを相手にしてもらうため」である。
信じるとは「相手が何を選んだとしても【相手がそれを選んだ】という気持ちを受け入れること」である。


(勇気いるよね。(>_<)笑)


恋愛関係だけでなく人との関係で、「信じているのに裏切られた」と思ったとき、信じていたのではなく契約をしていたのだ。
しかも、一方的に契約してる。相手はそんな契約を結んだ記憶はなくとも、本人はその人と契約を結んだ気になっている。

 

信用持ち(=お金待ち)になるためには、たくさんの人に信じてもらうことが必要よね。だけど、信じるというのは「契約する」とは逆なのだ。「契約」とは「交換」の概念なのよ。

「○○をあげるから○○をください」という交換。○○と○○の価値は同じってこと。なので、契約でもお金待ちになれる。たくさんの価値を与えればお金をもらえる。

でもそれは、『仕事頑張ればお金待ちになれる』ってのと同じ意味で、努力論かーーーーい:(;゙゚'ω゚'):になってしまう。笑。ここから抜け出さないと、、。、。、


契約には、
・ルールがあり、
・交換する前提で
・お互いの役割があり、
・行動に制限をし、
・お互いで監視し合い、
・お互いで縛り合う、

 

つまりこれの逆が「信じること」だ。

 

・ルールがなく
・交換ではない(お好きにどうぞ)
・お互いに役割がなく
・行動に制限がなく
・お互いに監視せず
・お互いに縛り合わず。

これが「信じてる」ってこと。

 

つまり、、、そう、、、ここまで読んでくれてたらわかるよね??( *`ω´)そう。

 

「信じる」とは【自由である】ということ。

 

「信じる」とは、まず自分が自由に生きてるということ。「信じられる」とは、みんなの自由を尊重してること。「信じる・信じられる」とは、お互い自由である。という前提に生きるということ。

・自分自身も自由に生きて
・相手も自由に生きる
・何を選ぶかではなく
・それを選んだ相手を尊重する

って少し難しくなってきたな。ごみーーーん、笑。かんたーんにまとめるよ。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾。

 


えーーーとね、、、


信用ってのは、他人のことが気にならなくことです。(*´ω`*)笑。


だって、みんな自由だから。みんなの自由を信じてることです。笑。みんな自由だから、好きなことしてーー♪♪僕も好きなことするわーー♪♪

あーー♪♪お金欲しくなったから、ちょうだいなーーー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭⁾⁾♡(ビジネスだろうと、クラウドファンディングだろうと)、、でやってくる。

 

その人の自由を信じるってのは、その人の存在そのものを信じることよね。

存在そのものって、、、おいおい最高じゃねーか。、、笑。存在そのものを信じてくれる人が自分にいたら、最高よな。笑。そんな人、こっちも大切にしたくなる。笑。

f:id:k_nali:20161113230807j:plain

 

 


他人に興味なくなればなくなるほど、なぜだか自分の好きなことが浮かび上がってくる。お金が欲しい人はお金が浮かび上がってくる。


他人への興味がどんどん減るたびに、ナリ心理学公式line@の友達も増えていきました。ほんとに。笑。


10,000人を超えました(*´ω`*)目標は8億3人。、
http://line.me/ti/p/%40hpi8059q

@hpi8059qで探してね(*´ω`*)

 

*line@にもう登録してくれてる人は、Facebookでシェアしてくれると嬉しいです(*´ω`*)

 

 

 

西野さんのイベントはチケット発売中(満席キャンセル待ち)です!!