■絶望の向こう側。

f:id:k_nali:20161101223200j:plain

僕は高校卒業して、就職したの。まだ誰でも就職できる時代でした。初めての社会。


運送会社だったんだけど、まぁ、仕事が嫌で嫌で嫌で。笑。


高校ん時に先輩にいじめを受けてたので「年上の人と話せない」という致命的なトラウマができてしまってて、だから会社の先輩とも全然話し出来ず。


長野県の県民性なのか知らないけど、まぁー、そこの会社の先輩は優しくなくてさー、

全然、仲良くなれず。(いや、おれが人見知りすぎたのかもしれんが、もう覚えてすらいない。笑)



今、あの頃の先輩達と同世代になって思うけど、

『18歳の男の子が入社してきたら、初めての社会なんだし、優しくしてあげてよーーー(;_;)』と思う。是非とも、新入社員には優しくしてあげてな。笑。

 

じゃないと、そいつ数年後に自殺しようと思うくらい精神追い詰められるから、、笑。後味悪いよな。

(それはおれのことか!笑( ;´Д`))



仕事も


『あ!?じゃ、タケダ(おれ)明日も朝6:00に来てなー!!』


とか前日に言われるんだぜ!?!?当時そんな言葉なかったけど、普通にブラックね。労働時間ブラック。



はぁ!?
家から会社まで一時間かかるんですけど!?

 


今もうすでに
20:00まわってるんですけど((((;゚Д゚)))))))!?!?


え?
今週は土曜日も出勤なんすけど!?((((;゚Д゚)))))))


つーか
今日も朝6:00に来てるんすけど!((((;゚Д゚)))))))??


はぁ!?
なんなの!?!?


おれのこと
仕事以外なにもしてない人間だと思ってんの((((;゚Д゚)))))))!?!?



 

 

つーーーーか、


仕事のために生きてるわけじゃねーーーんだけど、、


仕事以外の人生がよーーーーーーわからん!!!


なんじゃこの人生トラップ!!!なんつーーハメ技なんだよ!!!合法かよ!!

18歳普通に生きてきたら、毎日こんなに辛いのかよ!?!?


なんじゃこりゃ。
日本は地獄か!!?!?!?

 



で、笑。

 




初めての社会がそんな先輩達のいる会社だったので、人生終了\(^o^)/オワタ。と思った。笑。

だって、長野県の田舎の男の子なんて、普通に会社入って、普通に40年働いて、普通に結婚して、普通に子供つくって普通に老後、、的な世界観よ。笑。

狭いわ!!

 

とか言われても、それしか知らねーんだもん。しょーがねーわ。それ以外の人見たことないんだもん。見たことあっても架空の人物だと思ってたし。アイドルはうんこしないし。お尻の穴なんてないんだよ。



んで、


その世界のど真ん中にある『会社で働く』ということが自分に向いてなかったら、人生終了\(^o^)/オワタ。だと思うよな。笑。


40年仕事するの!?


オワタ\(^o^)/


だって会社員以外の働き方なんて、知らねーもん。公立の高校じゃ教えてくれなかったもん。先生も、会社員(公務員)しかしたことないだろーし。

 



なんじゃ!?

人生ってなんじゃ!?!?

地獄なんか!?!?地獄なんか!?!?

おいおいおい!!この世は地獄か!?!?

月に23日も働くって、こんなに辛いんか!?!?知らなかったわ!!笑。

 

死ぬまで我慢するのが人生ってやつか???




あの時はほんとに周りで普通に働けてる人たちが、羨ましくて羨ましくて羨ましくて羨ましくて羨ましくて羨ましくて羨ましくて羨ましくて羨ましくて仕方なかった。

いーなー、、、(;_;)おれも、、、普通に働ける人間になりたい。人間になりたい。普通な毎日働いて生きてる実感がある人間になりたい。人間になりたい。わしゃ、妖怪人間か。あー。羨ましー。うらめしー。


だから、おれは社会不適合者だー、、なんで普通に働けもしないんだよーー、、

母ちゃんは働けって言う。父ちゃんも普通に働いてる。兄貴も普通に就職した。高校の同級生も普通に働いてる。中学の同級生はみーーんな大学生。

あーー、( ;´Д`)なんで俺だけ普通に働けないんやーー、、(;_;)、、嫌だーー、、辛すぎるーー、、、

社会って地獄なのかよー、だったら生きてけないよーー、、仕事嫌だよーーー、、、もーー、、、辛いよ、、、あー、(;_;)

無理。

無理。

無理。

無理。

あー、無理。もう無理。働けん。仕事できん。あー、。辛い。仕事やめなきゃ、仕事やめなきゃ、、もうできない、、、あー、あー、あーー、あーーーーー、あぁぁああ、ぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああs8ああああああd?kfaあああdm8y;;@.:d;l@あああああやはやさやaam/[@l[@ds.@////.,.,.@@;@@pf.a,gnfduihfhb-wegw@lg@;fs,@psl@pg@pr!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 脳みそ、ポンッ

 

 


で、




昼休み。

会社から逃げた。




そりゃやっちゃいけないことだわな。でも無理だったもん。辞表置いて、逃げて帰った。





最高だった。(=´∀`)人(´∀`=)。笑。

開放感ヤバかった。脱獄した感じ。

クスリやったことないけど、ラリった。

 

脱法退社した。

 

 

 



そのあと冷静になったら、本社に呼ばれて、専務に怒られたけど。何言ってるか全然聞こえなかった。( ´ ▽ ` )ノ。笑。

なに言われたかほっとんど覚えてない。興味もなかったね。笑。むしろなんで、逃げたあとに本社に行ったのかすら覚えてない。開放感ヤバすぎた。笑。


でも、


だからって全てが解決したわけじゃない。これからも人生は続く。

どっちにしろ僕の世界では、《会社で働く》しか選択肢はなかった。それは変わらなかった。つかの間の休息。そのあと、また働かなきゃいけないのは変わらない。笑。

 



だから逃げるように上京してきた。逃げるように専門学校に入学した。音楽専門学校。誰でも入れた。



おれギター科だったけど、ギター持ってない奴も入学してたから、誰でも入れた。笑。


おれにとって、《会社員として働く》以外の生き方として唯一、理解できてたのは、ミュージシャンになる。だけだった。ほんとにだけ。笑。ほんとにほんとに。笑。

 

小学校から大好きだった音楽、高校で始めたギター。
プロのミュージシャンになれば、会社員にならなくて済むと思った。

 


3年やった。

ダメだった。

 

 



逃げるために音楽を選んでる時点で、楽しみながら音楽やってる人には勝てなかった。

上手い人は死ぬほど上手い。おれ才能もなさすぎたし、結局、逃げるために選んだ音楽だから、努力もできなかった。

 

 



3年で諦めた。




最後はバンドのギタリストオーディションに行って、課題曲演奏したあとに、『君、音源聴いてきた!?』って言われたときに。



「あー、もう無理だ😖、、、やめよー。ダメだ、おれにはできん。、絶望、、。才能もない上に、努力もできないなんて、、クズすぎる、、、」




音楽やめた。


ギターやめた。


逃げた。

 

人生2度目の逃げ。


逃亡。


でも、
やっぱり開放感ハンパなかった。


※今、ネットでそのバンド検索してみたら、もう活動してなかった。笑。




そこから
始まった人生2度目の絶望。



会社員もダメ。唯一の望み、ミュージシャンもダメ。そしたら、もー打つ手なし。当時の口癖は、



人生詰んだ\(^o^)/

人生詰んだ\(^o^)/

人生詰んだ\(^o^)/


生き方がわからないし、できることもわからんし、やりたいこともないので、この頃は毎日死ぬことを考えてたと思う。

高円寺の家賃57,000円のアパート。何もなかった。残ったのは、返済すべき奨学金200万円と、消費者金融で借りた6万円。


今死ねたら楽だなーー。

今終われたら最高だよなーー。


って思ってた。毎晩。

 

社会不適合者だし、しょーがねーよなーー、、あー、、全て終わればいいかなーーー、、、、時給900円なんかじゃ暮らしていけねーーけど、仕方ねーから、働いてた。テキトーに。働いてた。

 


何も考えず
何も期待せず、
知るかぼけ、
って感じで

日々をただ浪費してた。

 


友達もいなく、彼女もいなく、人にすら会うことなかったのでたぶん寂しかったとは思うけど、、その記憶すらないくらい、ただ浪費してた。

 

 


思い返してみると、

それが人生が好転するキッカケになってた。

  

 


全てを諦めて、期待するのやめて、人との関係も断ち、何も求めず、ただ生きてる。ただ生きてる。ただ生きてる。

それだけしてた。

結果、それがめっちゃ落ち着いてることになった。人生に絶望はしてたけど落ち着いてた。今までみたいに現実に右往左往しなくなった、だってもう諦めてたから。

そしたら落ち着いてきた。笑。落ち着いてきたら、なんかゆっくり考え始めた。

落ち着いてるから、冷静に考えられるようになってた。

 

 


あれ?

なんかもしかしたら、他の生き方があるかもしれない、、、

と思えてきた。

  


本を読み始めた。お金はないから、ブックオフで。、。、最初に読んだ村上春樹が面白かった。ねじまき鳥クロニクルが、面白かった。他にも本を読むようになった。金原ひとみも面白い。田口ランディも面白い。本をどんどん読むようになった。そしたら、苫米地英人や、宮台真司、大前研一などの小説以外の本も読むようになった。


そこらへんで、やっと気付いた。

『あれ?
こいつら本書いてるだけで、暮らしてるな!?!?
こいつら本書いて金稼いでるな?!?
こいつら本書くのが仕事だな!?
あれ?!!?!?
そんな生き方もあるのか!!?!?
まじか!?!?やべえ!やべえ!やべえ!やべえやべえやべえやべえやべえやべえやべえやべえやべえやべえやべえやべえやべえやべええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!』

 

 

脳みそ、ポンッ 

 

 


生き方が一つ増えた。


生き方が一つ増えたってことは、他にも生き方があるんじゃなかろうか!?と思う。で、いろいろやり始めた。落ち着いて考えながら、いろいろやり始めた。

2010年の冬のことです。で、今。


2016年。。なんとか生きとる。(=´∀`)人(´∀`=)。やったねーーー♪♪

つーか、幸せかもしれん。笑\(^o^)/。いやいやまだ悩みもあるし、落ち込むこともあるけど。それでも、あのころのような絶望はないし、僕の世界は広い( ´ ▽ ` )ノ


始まりは絶望。で、それから落ち着いて考え始めた。そしたら、全然、希望があった。落ち着いて考えたら希望はあった。全然あった。余裕であった。

 

落ち着いてない時、、周りが見れない、世界が狭い、そりゃ孤独もあるし、絶望もする。落ち着け、。希望はあるし、、大丈夫だから。

 

自分が知らないだけで、希望は全然あった、今目の前にある問題の解決策は必ずある。必ず。ただ今自分が知らないだけ。知らないだけ。でもある。だから安心してくれ、騒ぐのをやめてくれ。本当に本当に大丈夫だから安心してくれ。

 

希望は必ずあるから、大丈夫だから。本当に大丈夫だから。

 

当時の僕が1ミリたりとも想像すらできない仕事を僕は今している。生きてる。一時は毎日死にたくて、死にたくて、死にたくて、病院に行ってたら普通にうつ病って診断されるんじゃないかと思う。わからないけど。

本当に、友達も、彼女も、話せる人もいなかった。池袋の東急ハンズで働いてた。毎日びくびくしながら、接客してた。誰でもできる仕事だった。仕事もバカにしてたし。自分もバカにしてた。クリアアサヒを飲むのが一番の幸せだった。でもお金がないから2本まで。100円ローソンで買ってくる。部屋の掃除もできないくらい心が終わってたから、水盤なんかカビで紫色だった。水道も止められた。電気も止められた。ガスなんか止められすぎて使ってない時期もあった。今日が何日で、今年が何年で、これか僕はどうなるのか全くわからなかった。

こんな毎日が続くなら早く死にたかった。とにかく楽になりたかった。終わらせたかった。切実に願ってた。絶望してた。

絶望してた。でも希望はあった。絶望の向こう側に。