■ナリ心理学では「本当の自信」ってのはこーゆーことなんだぜ。

本当の自信はさ、
実績や経験や実力では生まれないんよ。

だって、
それは脆く弱く相対的なものだからさ。

「自信がないです、、、」なんてよく聞くけど、、、

本当は自信がないんじゃなくて

「失敗したときの周りの反応が怖いんです、、」なんだと思うよ。

誰にも見られてなかったら、何度失敗しても全く恥ずかしくないだろうし。

だから、本当の自信ってのは

「たとえ失敗したとしても私は大丈夫なんよね」

ってことを知ってることだよ。

その自信は強く崩れないし絶対的なものだからだ。

「たとえどんな結果になったとしても、私は大丈夫だ」

と思えてることが
本当の折れない自信ってやつなんだ。

じゃー
「本当の折れない自信」を作るためにはどーしたらいいんだろう?

「自分はそれでも大丈夫」って思うためにはどうしたらいいんだろう?

それも
ナリ心理学的にはすっごく簡単で

『周りの人に「それでも大丈夫だよ」って言ってあげること』です。

例えば

お金がなくなる不安が強い人は、お金がない人のことを

→あの人はお金なくて辛いはず
→あの人はお金なくて大変なはず
→あの人はお金なくて惨めなはず
→そんな毎日は可哀想だ

って
そーゆー目線で見て、そー思ってる。

すると

自分もお金がなくなったら周りの人から、

→お金なくて辛そう
→お金なくて大変だ
→お金なくて惨めだ
→お金なくて可哀想だ

って目線で見られて、そー思われてる気になっちゃうよね。

だから
余計お金がなくなる不安が強くなる。

心配性な人って周りの人のことも心配(監視)してるんよーーーー。

自分が周りの人を
「どういう風に見ているか?」というのと、

自分が周りの人から
「どういう風に見られてるか?」っていうのは同じになっちゃうんだ。

この心理を逆手にとると、

自分が周りの人を
「それでも大丈夫だよ」という目で見てあげると、

自分も周りの人から
「それでも大丈夫だよ」という目で見られてる気になる。

自分の目に写る人に

「大丈夫だよ♪♪」って言える人は

自分自身にも

「大丈夫だよ♪♪」って言える人です。

・失敗しても大丈夫だよ
・間違えても大丈夫だよ
・負けても大丈夫だよ
・できなくても大丈夫だよ
・ダメでも大丈夫だよ

って

周りの人に言ってみる(思ってみるだけでもいいよ)

すると自分にも

・失敗しても大丈夫だよ
・間違えても大丈夫だよ
・負けても大丈夫だよ
・できなくても大丈夫だよ
・ダメでも大丈夫だよ

って思えるようになる。

失敗しても誰からも
・バカにされないし
・蔑まれないし
・惨めだなんて思われないし
・恥かしそうだなんて思われない

失敗が怖くないなら挑戦出来る。

それが
「本当の自信」です。

人の失敗に「イイね」できる人が、自分の失敗に「イイね」出来るから

失敗を恐れず挑戦出来るんだね。

それが本当の折れない自信。

 

 

 

 

合わせて読みたい参考記事はこれ 

 

覚悟も

勇気も

自信も

 

それは「大丈夫に気付く」こと。

 

 

 

 

 

 

f:id:k_nali:20151117171838g:plain

 

 

 

 

 

 

■テーマ別で見てみる
 
 
■ナリと一緒に学び成長してみる
 
  
■セミナー情報
 
・今は《きっと、素敵な教室》だけです。
 
 
■その他SNS
 
 
 
 
■このブログ記事の紹介などは
許可なく行っていただいて大丈夫です。
その際にはリンクなど貼っていただけると嬉しいです