■やりたいことやれてる人とやれてない人の違い。自分を大切にしてない人は、好きなことちゃんとやれてるからやりたいこともやれる。

人って自分の好きなことやると楽しくなるやん、

楽しむと心って強くなるんよ。

 

心が強くなるってのは、自分なんかどうでもよくなること》なんだよ。

f:id:k_nali:20151102150528j:plain


《自分なんかどうでもよくなる》ってのは、自分を守らなくなること。自分なんかポッーーいって♪♪

自分を守らなくなると、今まで自分で自分に抑え込んでた

だって、恥ずかしいし」「だって、嫌われるかも」「だって、しょうがないもん」「だって、それがフツーだもん」負けなくなる。そんなんどうでもよくなる。

だから心が強くなると、自分を守らなくなって、自分のやりたいことやれるようになってしまう。

 

逆を言えば「やりたいことやれていない」「やめたいことやめられてない」って人はただ単に心が弱ってるだけだったりする。

 

心が弱ってるってことは「自分のことばかり考えてる」ってことです。

 

自分のことがどうでもよくない、大切で大切で仕方ないから自分を守る、自分を守ろうとすると、相対的に心が弱ってるってことになる。

「可愛い子には旅をさせよ」の逆パターンだねw 心を弱くしたかったら自分を守れってw

f:id:k_nali:20151102150635j:plain

心が弱ってるから逃げ腰になってネガティブになってるんだね。

ちなみにナリ心理学手は「ネガティブ」ってのは後ろ向きとかではなくて「混乱状態」としてます。つまり心が弱っててネガティブなのはただ混乱しているだけだから、、落ち着けってことだなw

 

「やりたいことやれているか、やれていないか」の違いは本質的には「心が強いか弱いか」の違いだってこと。

心が強い時自分なんかどうでもいいから、周りの目や意見や当たり前や常識や恥ずかしさから、自分を守る必要がないから、自分のやりたいことやってしまう。

 

心を強くするためにはどうしたらいいだろう?

 

それには「心を強くするという断固たる決意が必要なんだ」

f:id:k_nali:20151102151252j:plain

 

ってのは大嘘。

 

断固たる決意なんてまるでいらない。

 

 

必要なのは今日のブログの最初に書いたけど。

 

「自分の好きなことをちゃんとすること」だよ。

 

もっと言うと、「自分の好きなことにちゃんと集中すること」なんだ。

f:id:k_nali:20151102152802j:plain

人間ってさ何かに集中しているとき、自分のこと考えられなくなるでしょ?なぜなら、何かに集中してるってことは、自分を忘れられてるからなんだよ。

 

自分を忘れられたら、同時に自分のことなんか考えられなくなるんだから、自分なんてどうでもよくなるんだ。自分なんてどうでもよくなってるってことは心が強くなってるときなんだぜ♪♪

 

それにそんなすごいことや崇高なことをする必要なんてない。

 

カフェでくつろいだり、好きな音楽聴くとか、友達と飲みに行くとか、そんなんでジュウブン。ジュウブン。なんでもいいんだけど、そういう今すぐ出来る自分の好きなことを「ちゃんとやってね」そうするとちゃんと、心が強くなって、自分なんてどうでも良くなって、自分のやりたいことをもっとやれるようになる。

 

いや、簡単な心の仕組みなんだ。心さえ強く出来れば別になんでもいいんだけど。心さて強くなれば、自分を止めることなんて自分なんかじゃ出来なくなるんだから、心を強くするために今すぐ自分の好きなことに集中するといいよ。

 

やりたいことやれてない人って、やめたいことやめられてない人って「今、自分の好きなことしてないだけ」だと思うよ。

 

「ただ、生きている」っていう最高の贅沢を楽しまないで、未来が楽しくなるわけないじゃん。「ただ、生きている」っていう最高の贅沢を楽しむってのは「今に集中すること」で、今に集中するためには「今、好きなことするしかないぜ」は終わり。

 

異論反論積極的に無視します。

 

 

ナリでした(^^)

 

 

続く。

 

 

 

■今日の参考記事はこれ(^^)

 

k-nali.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■テーマ別で見てみる
 
 
■ナリと一緒に学び成長してみる
 
  
■セミナー情報
 
・今は《きっと、素敵な教室》だけです。
 
 
■その他SNS
 
 
 
 
■このブログ記事の紹介などは
許可なく行っていただいて大丈夫です。
その際にはリンクなど貼っていただけると嬉しいです