■あなたのためではなく、「自分のため」です。

もうこれは100万回くらい言ってきてるので、わかってる人からしたら耳にタコかもしれない。イヤーオクトパスだったらごめんね。

 

人を
・批判したり
・否定したり
・怒ったり、怒鳴ったり
・悪口言ったり
・口撃したり
・コントロールしようとしたり
・支配しようとしたり
・束縛しようとしたり
etc...

する人はただの【不安な人】です。

ただ【不安な人】

自分が
不安で
不安で
不安で仕方ないけど、

自分が「何に」不安なのかよくわからないから、

とりあえず、


自分以外の「何か」を攻撃して、自分を守ろうとしてるだけです。

怖くて
怯えてるから

周りを威嚇してるだけ。これだけです。

(2000万回なのか、100万回なのかwどっちやねんw)

 


そーゆー人は、長い人で数十年(その人の年齢によるけど)ずっと、自分を守るために周りを攻撃し続けてきてるから、

→攻撃するのが上手いです。

人を批判するのも
人をいちいち指摘するのも
人を否定するのも
人を監視するのも
人をコントロールするのも
人を支配するのも

とっても上手いです。

そりゃ、
数十年ずっとやってきてたら上達してしまうもんね。

上司にこーゆー人が多いのは

何気にこーゆー人たちは「仕事がよくできます」だから、出世します。

なので会社だと管理職くらいのところまですぐ出世しちゃいます。

不安な人は、自分を守るために、めちゃくちゃ頭を使いますから、頭がいい人が多いです。

なので仕事出来るから、出世してしまうことが多い。それに他者を管理するのが得意だから、余計出世する。そして、社内で周りを監視し続けるのです。

親でもそうです。

「あなたのため」と言いながら口うるさく何か言ってくるのは、

あなたのためではなく、「自分のため」です。

あなたがもし、大学に行かなかったら、いいところに就職できなかったら、自分が困るから、あなたを支配しようとしてるだけです。

「あなたのため」という大義名分を掲げ、どうどうと「自分を守ってるだけ」です。

不安な人は
他人に目が向くのです。

他人に変えることで
自分を守ろうとしてるだけ。

怖いから。

ここまでは
ナリ心理学を知ってる人からしたらわもう、初級レベルの話っすね(=゚ω゚)ノ


じゃー
この【心の仕組み】を知ってどう活かしていくか?が大切。


A、だからこそ、批判してる人、怒鳴って人、怒ってる人、の味方になってあげてください。

 

口撃してくるから、
うぜーな、あっちいけよ!ってするのは簡単です。

でも、

 



不安だから、不安に怯えてるから、吠えてるだけなんです。

 

 


風の谷のナウシカで、
初めてナウシカとテトが出会ったシーンを覚えてますか?

 

 

 

 

f:id:k_nali:20151016154405j:plain

ユパ「これこれ手を出さんほうがいい、チビでも凶暴だ」

ナウシカ「おいで、怖くない、怖くない」

テトが毛を逆立てながらナウシカに噛みつきく

ナウシカ「ほら、怖くない、、ね」

テトは落ち着き、噛みついたナウシカの指を舐めました。

怯えてるだけなんです。

50歳でも60歳でも、怯えてるだけの人はいます。ほんとに。年齢は関係ない。


 

B、言い返したくなったら自分も不安なとき

誰かに何か言われました。でそれに自分は反論しました。これは「自分も不安なとき」です。なぜなら「無視」すればいいんだから。

 

相手は「不安だから」自分に何か言ってきてるだけです。もしそれが、「的を得てる指摘」なら、ありがとうございますといって終わり。

 

もし的を得ていない指摘なら、無視。それ以外の批判や悪口や人格否定は、それ相手の問題なので関係ないです。

 

もしそれに、反論してくなったら、自分も「自分の中の不安と向き合えてない」からですね(^^ゞでもこれを知ってたら、誰かから何か言われる度に「あ、新しい自分を気付くチャンスだ!」ってわかりますね♪♪

 

C、自分が誰かを批判したくなったら

もし自分が誰かのやってることや言ってることに「あれは違う」「あれはおかしい」「あれはダメだ」とか何か言いたくなったらそんなときは「自分が不安なとき」です。

 

不安だから目線が自分以外の何かに向いて、相手を否定することで、自分を正当化して、守ろうとしているだけです。

 

自分自身が自分以外に矢印が向いたとき、これは自分自身に矢印を向けよう!って教えてくれてるんですよ。

 

 

 

 

 

 

参考記事はーー♪

 

 

 

あとはーー、

これとかも!! 

だいぶ

前の記事だけど、同じこと言ってるね。