読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■「信じてること」と「契約」の違い

信じるってのは裏切られることすらも受け入れてる状態である。って最近よく言ってるけど、「信じてるのに裏切られました!」ってのは、それは信じてない証拠だって。

 

それ信じてるんじゃなくて、契約してるんだってこと。契約ってことは損得感情でやってるってことだ。

 

特に恋愛関係のことについてのとき、相手を信じてるのではなく契約してるのだとしたら、それは己の中の「損得感情」を優先してるってこと。

己の中の損得感情って何かといえば、「損したくない」って気持ちだね、「損すると不安」ってことだね。だから契約しなきゃいけない。契約すると相手を縛れるから。損する不安が薄れそうだから。

 

・私が○○してるんだから、あなたも○○しなさい。

・私はあなたが好きなんだから、あなたも私を好きでいなさい。

 

という契約。この契約の始まりは損得感情。損得感情の始まりは損したくないという気持ち。なぜ損したくないかと言えば、損したら不安で仕方ないから。

 

不安で不安で不安で不安で仕方ないから、不安で仕方ないから、損したくない、損しないように契約する。相手を信じてるという名目上、契約を交わしたふりをして、相手を縛る。で安心する。

 

信じるってのは相手が何を選び、何をするか。まで含めて信じるってこと。

 

相手があなたを好きじゃなくなることも含めて信じる。

相手がそーゆー選択をしたんだということまで信じる。

相手が相手自身が考えていることまで信じる。

 

ただね

 

好きな人に、自分のことを好きでいてもらいたいと思う気持ちは大切よ。

 

それは「見返りを求めてる」のかもしれないが、見返りを求めていいのよ。

 

好きな人に好かれたいってのはとっても素敵なこと。とっても素敵なこと。(なんかオカマっぽい言葉遣いだねw)

 

 

 

 

忘れないで欲しいのが、自分を好きでいてもらいたいから!と、相手をコントロールしようとしたり、思い通りに出来ない相手に嘆いたりしないこと。

 

これは自分が自分の不安から目を背けてるから起きてるんだよ。自分が感じる不安から逃げてるから起きてるんだよ。

 

自分の不安から逃げるために「相手を利用してる」から損得感情になってしまうんだ。

 

好きな人から好きでいてもらいたいってのは素敵な気持ちだけど、

それが自分が不安から逃げるために、「相手から好きでいてもらわなきゃ困る」というときに、「損したくない!」だから「契約しなきゃ」の流れになってまうのね。

 

・相手を好きになること

・相手からも好かれたいなと思うこと

そして

・自分の不安と向き合うこと

 

これを忘れなければバッチグーやで!←古いww

 

 

じゃね(^^ゞ

 

 

 

 

興味ある人は

LINE@

ナリ・オフィシャル・メールマガジン

登録しておいてなーー(^^ゞ

 

できるだけ早めにね♫