■自分を癒す

f:id:k_nali:20150707144028j:plain

 
 
自分の恥ずかしい過去を。自分の恥ずかしい悩みも。自分の恥ずかし行いも。
 
 
すべて、聞いてもらえる。笑わずに、聞いてもらえる。
 
 
バカにされたり、笑われたり、蔑まれたり、噂話されたりしない。
 
 
自分の「恥ずかしくて」「辛くて」「痛くて」「どうしようもない」その過去も悩みも。ちゃんと受け止めてもらえる。
 
 
大丈夫。ちゃんと受け止めてもらえる。大丈夫。ちゃんと受け止めてもらえる。
 
 
 
 
なぜなら、あなたがちゃんと受け止めてあげるからだ。
 
 
 
 
あなたが、あなた自身が。他人の、他人の「恥ずかしさ」「辛さ」「痛さ」「どうしようもなさ」も受け止めてあげるからだ。
 
 
バカにしたり、笑ったり、蔑んだり、噂話にしたりしない。
 
あなたはそんなことをしない、だからあなたも受け止めてもらえる。
 
 
 
あなたが他人を「見る目」が、他人があなたを「見る目」です。
 
 
 
あなたが、
他人をバカにせず、笑ったり、蔑んだり、噂話したりしなければ、
 
あなたは
他人にバカにされたり、笑ったり、蔑んだり、噂話をされることはない。
 
 
 
 
もっと深くいうと、
 
されることは「ない」というより
 
されたとしても「理解できない」になる。
 
なんでそんなことをするのか「よくわからない」と思える。
 
そんなことして「どんなことになるのだろう?」と素直に思えるようになる。
 
そして、
理解もできないし、よくわからないから、「興味もなくなる」
 
興味もなくなると、「見ることすらしなくなる」
 
すると
「見えなくなる」、正確に言うと見てないから、見えてないだけ。
 
それはもう「あなたの世界に存在しなくなった」ことは同じ。
 
 
 
つまり
 
 
 
あなたは、他人にバカにされたり、笑ったり、蔑んだり、噂話をされることはなくなる。
 
なぜなら「そんな人は見えなくなるからだ」
 
 
 
 
僕もブログを書いたりメルマガを書いたりSNSを投稿したりと、日々していると、
 
「何か言われること」がある。まぁ、批判されることだけど、
 
正直、昔に比べて「全く気にならなくなった」
 
 
 
 
数年前なら、
数時間、いや、数日は気にして心はムカムカしていた。
 
 
 
 
けど最近だと、
「何言ってるんだろ?この人は?なにか不安でも抱えてるのだろう。けどそもそもそれは僕には関係ないしね」
 
で終わる。
 
 
 
Twitterであれば3秒でブロックして終了。はーい。終わり。です。
 
 
 
批判ってのは不安な人しかできないことだから、その人が不安なときに「たまたま」僕が目の前を歩いただけなんだ。
 
 
 
その人の心が豊かだったら、いちいち僕に突っかかってこない。
 
たとえ僕が「間違えたこと」をしていたとしても!!!突っかかってこない。
 
心が豊かな人はスルーできるから。たまたま不安なときに僕が目の前に現れただけで、それが僕以外の誰かであったなら、その誰かを批判していただけのこと。
 
 
 
 
批判の根本は、批判してる側の問題(不安)なのであってこっちは関係ない。
 
 
 
 
もし、その批判が「的を得ていた」のだとしたら、それは『あっ、自分では気づけなかったことを気付かせていただきありがとうございます』ですから、
 
批判ではない。ただの「ありがとう」になる。
 
不安な人が周りを監視していて、自分がたまたまその目の前を通ったから、噛みつかれた。
 
 
 
批判の構造ってのはそんなことなんです。批判されて悩まなくてもいいですよ。批判は言ってくるほうの問題なので。
 
 
 
逆に
 
他人を監視するのを自分が辞められたとしたら、
 
自分も他人から監視されることから解放されることになる。
 
自分が他人を「見る目」は、他人が自分を「見る目」なのだから。
 
他人から監視されるというのは、自分が他人を監視しているからです。
 
監視するのを辞める。すると監視されなくなります。正確にはさっき話したように、監視されてることが見えなくなるので、あなたの世界には存在しなくなるってことです。
 
 
 
 
それと
今日の話のテーマですが、
 
あなた自身から他人の「恥ずかしさ」「辛さ」「痛さ」「どうしようもなさ」を受け止めてみる。
 
 
バカにしたり、笑ったり、蔑んだり、噂話にするのを辞めてみてください。
 
 
すると
あなた自身の「恥ずかしさ」「辛さ」「痛さ」「どうしようもなさ」【受け止められる世界】になって行きます。
 
 
 
 
 
 
具体的によくあるのは
 
 
 
「お金がない不安」で悩んでる人は、
 
 
 
日頃、もしくはその不安がなかったころに
 
「お金がなさそうな人」を監視して心の奥で、バカにしたり、笑ったり、蔑んだり、噂話にしようとしたりしてます。
 
 
 
自分が心の奥でそう思ってるから、自分はお金がなくなったら他人にそう思われる。と思ってしまうわけです。
 
 
 
それが恐怖なのです。
 
 
その恐怖が不安なのです。
 
 
自分が他人を「見る目」が、他人が自分を「見る目」です。
 
 
 
だから、
 
「お金がなさそうな人」『それでも大丈夫だよ』『それでもあなたは素晴らしいですよ』と認めてあげてください。
 
 
 
あなたから認めてあげる。それでも大丈夫だし、それでも素晴らしいし、それでも素敵です。と。
 
 
 
すると
 
あなた自身の「お金がない不安」が少しづつ癒されていきます。
 
 
 
 
お金以外の不安でも同じです。
 
子育てや、人間関係、恋愛関係、仕事、なんでもそうです。
 
自分が監視してると、他人から監視されます。
 
自分から監視するのを辞めてください。
 
自分から受け入れてあげてください。
 
すると
 
自分が癒されていきます。
 
それでも大丈夫だし
 
それでも素晴らしいし
 
それでも素敵だと
 
思えてきます。
 
【自分を癒す方法】
 
でした( *`ω´)
 
ナリ
 
 
 
 

_______

 

メルマガ配信してまーす♪♪

こちらから登録できまーす

https://39auto.biz/nalimagazin/touroku/entryform2.htm

_______

 

 

 

 

ナリ・1989.2.20長野県中野市出身

 

FB・https://www.facebook.com/takeda.kazunari

 

Twitter・https://twitter.com/k_nali

 

「ブックマーク」「シェア」「ツイート」していただけれると嬉しいです。