■他人を気にしてない人って自由なのは、他人に「気にされてる」ことが自覚出来ていないから。

 
f:id:k_nali:20150616171415j:plain
 
コーラはビンだろ!!!とかマジでそんなこだわりありません。
 
今日は
【人の目が気になって仕方ない人】のための話、
 
それではヒヤウィゴー!!
 
 
 
 
・人の目が気になる人というのは、自分が人をことを判断している。
 
・自分が人を判断しているから、人も自分を判断する「だろう」と思うから人の目が気になる
 
・恥ずかしがり屋な人は、人の行動をよく見て「恥ずかしいことをしてるな」と人を判断しているから、自分も判断されてる気になってしまう。
 
・人の目が気になる人は、まず自分から人を見ることを辞める。人を判断することを辞める。すると、人から判断されない自分になれる。
 
 
 
・お金の問題もそう。
 
・お金がなくなる不安が強い人は、まず「お金がない人を可哀想な人」と判断しているから、自分も他人から「可哀想な人」と判断されてしまうんじゃないか?と思うからよりいっそうお金の不安が強くなる。
 
・お金がないからといってみんながみんな可哀想な生活を送ってるわけじゃないことをまず知ろう。
 
・お金を持っていない人を「可哀想だ」とか「辛いはずだ」とか判断するのを辞める
 
・他人を裁く人は自分も裁かれる覚悟をするようになる。
 
・この「覚悟」が自分を「○○はしちゃいけない!!」と強く自分を縛るようになる。
・これが不安や悩みの出発点だったりする。
 
 
人を判断するのをやめよう。
 
人を判断してると自分も判断されるように感じてしまう。
 
 
コンビニで働いてる中年男性を「こんなところで働いてるなんて寂しい人生だなーー、、」とか思うのをやめる。
 
 
夜の交通整理のおじさんを「そんな仕事して可哀想だなー」とか思わない。
 
 
これ
正直タブーなのかもしれないが、
 
 
蔑んで見てる人って
必ずいると思います。
 
 
人を蔑むと、
自分も人に蔑まれる「かもしれない」と思うようになります。
 
自分と違う価値観の人を否定してるのだから、
 
自分も
 
自分と違う価値観の人に否定されるわけです。
 
 
自分が相手を判断すると、
 
 
自分は相手に判断される。
 
 
どっちが「すごいか」とか
 
 
どっちが「下か」とか
 
 
上下関係の世界になります。
 
 
 
 
そんで
 
逆に
 
そーゆー風に人を判断しない人は、人に判断されない世界になりますから、
 
 
 
人に判断されない世界では、
 
 
 
間違えても、
失敗しても、
 
さして
人にやーやー言われないのです。
 
なぜなら
 
自分が人をやーやー言わないから。
 
 
人にやーやー思う「から」
人からやーやー思「われる」気がして、
 
人にやーやー言う「から」
人からやーやー言「われる」気がして
 
人を判断する「から」
人に判断「される」気がして
 
人を判断「してない」
たとえ人から判断「されても」
わからないです。
 
わからないってのは
 
自覚できないってことです。
 
なぜなら
自分の中に「人を判断する」という概念そのものが薄いから
 
人に「判断されても」自覚できない
 
『なんか言ってるけど、まあーよくわからないし関係ないよね?w』
 
くらいにしか思えない。
 
だって
自分の中にない概念だから理解できないのよね。
 
これは脳科学的な認識論でもそう言われてると思います。
 
だから
 
人の目を気にしたくなかったら
 
自分から人を見るのをやめようってことですね^ ^
 
 
ナリでした(^^)
 
 
 
僕はこれを知ってから
意識して人を判断するのをやめるようにしてきました。
 
 
やはりいきなりは変わらないですが
正直、いい意味で他人に興味がなくなりましたし
 
「他人の目を気にする」というところも徐々に薄くなっていきましたね。
 
本当におすすめです。
 
 
※100人切りました!!まだGETしてない人はお早めに!! 

k-nali.hatenablog.com

 

ナリ・1989.2.20長野県中野市出身

 

FB・https://www.facebook.com/takeda.kazunari

 

Twitterhttps://twitter.com/k_nali

 

「ブックマーク」「シェア」「ツイート」していただけれると嬉しいので、もっとたくさんいい記事書きます( *`ω´)