■あいつは100点でお前は30点、そんなことってほんとにあるの?アホなんじゃないの?でもアホは強いからなー。

f:id:k_nali:20150613131521j:plain

 

最近ハマってる渋谷のゴリラカフェからお届けですわ(^^)

 

■人間が持ってるモノの総量は「同じ」である

生まれたての赤ちゃんから、80歳のおじいちゃんまでみんな100点である。例外なく100点である。当然あなたも100点である。

 

 

 

■違うルールの違う球技で勝負出来ないのと同じ

探してみたけど見つからない、ということは確かにあるかもしれない。けどそれは「存在しない」ということにはならない。「ただたんに見つけられたいない」だけで、見つけ方はまだまだたくさんあるよ、例えば「誰かに聞く」とかね。

 

 

 

■いつの間にか「謎」の「当たり前」の思考が侵されている

説明してみろ!!

会社経営のすごさと、料理が上手なすごさの違いを、まずそもそもとしてそれって「あなたの勝手な思い込み」ですからね。

 

 

 

■根拠がないくせにそう思ってる。けど根拠がないものほど強く思い込める

世の中にな神様がいると思っている人がめちゃくちゃいるが、その中で誰一人としても「本当に神がいるのか?」を証明した人は一人もいません。ここ日本でこんなこと言っても「あー、そうかもしれないね。」くらいには思ってくれるかもしれませんが、神がいると信じてる人が大勢いる国で言ったら反発されるだろうなー。

 

ただその中に一人でも神の存在証明ができる人はいないんだろうけど。つまり「不明」なのよ、「まだわからない」の。けどこれだけの人が信じてるでしょ?なんでってそれは、【論理的根拠が不透明なモノって、論理破綻を起こさない】だよね。難しい?w

 

簡単に言うと、幽霊って本当にいるかわからないから、本当にいないかもわからない。ってことですね。論理的根拠が不透明なもの論理破綻を起こさない、なぜならもともと論理的じゃないから。

  

 

 

■すべてが「不明」だと生活しにくいから「人はとりあえず殺しちゃいけないことにしよう」としているにすぎない

非論理な状態ってのはさっき話したような「まだよくわからない」ってな状態。つまり右も左も正解も不正解もないから「君の好きにして」ってことだね。 

 

 

 

■科学も哲学も常に仮定であり、真実までの過程であり続ける

 

前提は常に「仮定」つまり、自分が真実だと思っていいるものは真実ではない、というかまだわからないんです。そんなこと言い始めたら常識とか当たり前とかそんなんはもうほとんど自分の勝手な思い込みだとわかると思う。

 

 

 

■論証とは論理的証明。あなたの思っていることは自分が勝手に勝手に勝手に勝手に思っているにすぎない

 

固定観念を変える方法は簡単で、それは、「信じてることを変えること」です。

 

 

 

■モテるやつと成功するやつとそんな感じのやつ

 たまたま、ほんとにたまたまB専の娘がクラスにいて、その娘がたまたま、ほんとにたまたまバレンタインにチョコをくれたもんだから「もしかしたら僕はモテるのかもしれない」と思い始めたら、思考は現実化するので、ほんとにモテるようになってしまった。

 

というような友達がいる。

 

そしてそいつの彼女は毎回、すご可愛い。友達はブサイクなのにwwww

 

勘違いって素敵。

 

 

 

■脳内と一般生活は分けて考えよう

 

決めつけることで物事が動き出します。だから決めつけることが出来ないと前に進めません。 

 

■信じるのは勇気がいるんだけど

 

信じることは勇気がいるんだよね。信じるってのは「期待する」に近いから、期待したのに裏切られたら怖いからね。

 

 

■これも忘れないでいたい

 

 

 

 

 

 

 

_______

 

メルマガ配信してまーす♪♪

こちらから登録できまーす

https://39auto.biz/nalimagazin/touroku/entryform2.htm

_______

 

 

ナリ・1989.2.20長野県中野市出身

 

FB・https://www.facebook.com/takeda.kazunari

 

Twitterhttps://twitter.com/k_nali

 

「ブックマーク」「シェア」「ツイート」していただけれると嬉しいので、もっとたくさんいい記事書きます( *`ω´)