■あなたの存在について

f:id:k_nali:20170805081929j:plain

毒親シリーズ。

最初は、わたしは、大丈夫。わたしのことじゃないって思ってました。
ちゃんと、親に言いたいことは、バシバシ言えてるし。カンケーないやーって。

でも、何気なく読んでたら、グサグサ核心突かれて泣きそーになりました😂

知りたくなかった。
でも知ってしまった・・・・😅

はぁー。

今思い返してみると、
小さい頃は、ほんとに毒に侵されてたなぁー。でも、その時は、全然気がつかなかった。むしろ、こんなに、うるさく言われて、怒られるのは、わたしが悪いからだって、自分を責めていたなぁ。
で、大人になってから、なんだよ!!
あいつ(母親)の言ってたこと、ほぼ嘘じゃん!って気がついて、そっから反発しまくったなぁー。

そっから、44年間、
苦しかったけど、「自分軸」を、教わってから、大分楽になってることに、今、気がつきました。

「自分軸」を知るまでは、わたしが、旦那、子供とうまくいかないのも、お金がないのも、全部母親のせいにしてました。

で、呪いのように、毎日言われていた。
「早くしなさい」
「あんたは本当に、ダメだね」
が、40年間の間、ずっと頭の中にあったみたいです。

何をするんでも常に、
母親の声が頭の中に、
聞こえてました。

だけど、自分軸を知って、少しづつ、
自分を見つけていったら、いつの間にか、母親の声は、なくなってましたー。

長文でしたが、
毒親から、逃れるヒントに少しでもなればなぁ。と思って、メッセージしてみました。

 

あと、
わたしは、わたしの人生しか生きられないし、親は親の、子供は子供の人生しか歩めないって、気がついたら、心が楽になりましたー。

まだ、親を許そうとは、思えないけど、少しづつ、理解はしていけそうな、気がしています。

うんこおばぁ様のこと、少しづつ、認めてあげよっかなー。
とか思ってます。
自分自身のことを、認めて行くのと一緒にね。😂

 

 

___

 

 

 

 

 

いやー素敵です。

 

 

 

 

 

最初は本当に、

「自分のことじゃない!!」って思うよな( ̄▽ ̄)

わかるっす。笑。

 

 

僕も母親とのことを考えてくなかで、

「おれはめちゃ愛してるなー、、、、、だから、大丈夫だよなー、、おれは違うよなーー、、」

って思ってたら気づいてしまったんよね。

 

 

 

「あー、愛してるけど、信頼されていや、、、(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾」って。笑。

 

 

 

だから、この記事っすもん。

■「次女/次男/末っ子/ひとりっ子」さんたちへ、信じて欲しい必ず飛べるから。 - ナリ心理学

 

 

 

「目の前の問題」って目の前探しても解決方法ってないよね。

これは心の仕組みです。

 

 

まさか

 

・お金の不安が強いことや、

・男性に依存っぽくなってしまうことや

・仕事が楽しくないことが

 

まさか

「母親との関係」に繋がってるなんて思えないもんね。笑。でも繋がってるんだなーーーw

 

 

 

ナリ心理学では

目の前のことに対応しても人生は変わらないってよく言います。

 

 

例えば

 

・仕事辞めるかやめないか

・離婚するかしないか

・別れるか別れないか

・お金使うか使わないか

・辞めるかやめないか

 

とか、

 

目も前の洗濯は、、あ、間違えた、選択は「右選らんでも、左選らんでも人生は何も変わらない」のです。

 

 

例えば

職場の誰々さんにいじめられてるから、仕事いやで転職すると、、また新しい職場でもいじめられるようになったりする。

 

もう少し深く話すとさ、

職場の誰々さんにいじめられてるから、仕事いやで転職して、新しい職場ではいじめられなくなったけど、。、その分、夫婦間のコミュニケーションがあまりないことに気づいてしまった。

 

とか。笑。

 

 

目の前のことに対応すると。

 

「一つ解決しても、また他の部分で新しい問題が生まれる」のです。

 

 

なぜなら、

 

人にとって

「何をするか」が大切なのではなく、

「なぜするのか」が大切だからです。

 

 

そして

 

 

今していることの「なぜ(理由)」がそのまま拡大していくのが人生なんですよね。(奥義!!「すいませーーん!1時間延長でお願いします拳!!」)。

 

 

おっと、難しくなってきた( *`ω´)?w

 

 

 

 

 

 

 

心の仕組みの話なんだけど。

さっきの職場でいじめられてるの例でいえば、

 

今の職場でいじめられてる

だから転職したい。

 

ということは、

 

いいとか悪いとか抜きにして「自分はいじめられる存在なんだ」ってのを受け入れて「よしここから逃げよう」になってる。

 

だから新しい職場でも「自分はいじめられる存在なんだ」ってを受け入れてる限り、またいじめられる可能性が高くなってくる。

 

何をしているかじゃなくて、なぜしているかなんだ。

 

 

 

 

 

例えば「自分がいじめられるのはおかしい」と思ってる人は、多分いじめられたら即やり返すか、物申す。で、ちゃんと喧嘩する。

 

喧嘩した上で、結果、転職することになっても転職先ではいじめられにくくなってる。

 

なぜなら「自分がいじめられるのはおかしい」から。そして、そもそもやり返してくるような人を、人はいじめない。笑。

 

 

 

 

 

例えば、ナリってこんなに太ってるのに、普段リアルに「デブ!!」ってほとんどいじられないし、、いじめもされない。

 

なぜなら、変な風にいじってしまったら、多分ナリが反撃してくるからだろう。笑。で、実際多分する。笑。

 

そう思って生きてるから、ほとんどやられない。

(ネット上や、通りすがりの人は別ね。)

(ただ高校ん時は先輩に言い返せなかったから、いじめられた。それで気づいた。いじめっ子っていじめやすい人探してるって)

 

 

 

ましてや、ナリより全然痩せてるのに、デブいじりされてる人もいるし。笑。痩せててガリガリいじりされてる人もいるし、身長がちっさくてもいじられないのに、背が高いからノッポいじりられる人もいる。

 

デブとか

ガリガリとか

チビとか

ノッポとか

貧乳とか

巨乳とか

 

さほど関係ない。

 

(口悪いけど、今すごく大切なこと言ってる(´Д` )笑。)

 

 

 

 

 

今の自分そのものではなく、

(デブとか、ガリとか、チビとか、貧乳とか)

 

「こんな自分だから、自分はこういう存在なんだ」って思ってることが現実に起きるのよ。

 

 

「デブな自分だから、自分はいじめられる存在なんだ」ってことね。

「貧乳な自分だから、自分は男に好かれない存在なんだ」ってことね。

 

でも

 

そうじゃない人もいて、

 

 

「デブな自分だけど、自分はいじめられない存在なんだ」って人も

「貧乳な自分だけど、自分は男に好かれる存在なんだ」って人もいる。

 

 

 

つまり、

関係ない。

 

 

どんな自分でも

どんな存在にでもなれる。

 

 

そして

自分が自分をどんな存在だと思ってるか、、のその通りの出来事が目の前で起きるのです。

 

これが

人生で、

 

 

 

 

これが

 

今していることの「なぜ(理由)」がそのまま拡大していくのが人生なんですよね。(奥義!!「すいませーーん!1時間延長でお願いします拳!!」)。

 

です。笑。オモロイでしょ?( *`ω´)ね?おもろいよね。人生って。笑。

 

 

 

 

 

 

そんでさ、

 

「こんな自分だから、自分はこういう存在なんだ」って思ってることが現実に起きるのよ。

 

 

一番最初、根底にあるのが母親との関係なんです。

 

 

 

「母親に愛されてない自分だから、自分は他の人にも必要とされてない存在なんだ」とかね。思っちゃうわけです。

 

 

 

 

 

逆に

 

「母親にめちゃ愛されてる自分だから、自分はただ生きてるだけでいいんだ、どうせみんな私のことそれなりに好きじゃん?私ってチャーハンみたいな人間じゃん?だいたいみんな好き♪( ´▽`)はははは!!!ウェイパーーー!!!」

 

 

にもなる。笑。

 

 

 

 

そして

やっぱりそんな現実が起きるわけです。

 

 

 

 

どんな自分かは関係ない。

どんな存在だと思ってるかですよ。

(ホイミ!)

 

 

 

 

そして、

 

あなたは

どーせ、素晴らしい存在だろーし。

どーせ、いい奴で、

素直で、

素敵で、

たまに卑屈にもなるけど、

まぁ、それはご愛嬌。

笑ったら、

笑顔が可愛いんだろこのやろーが、

 

もう

めんどくさいから、

 

さっさと受け取ってくれるかな( ̄▽ ̄)?笑

 

ムカつくんだけど、w

 

 

まず、

大前提として、

 

ナリより痩せてる時点で、

 

自分のこと「自分なんて、」っていうの禁止ね。禁止。笑。まじで。

 

 

見つけたら、即ぶん殴って、蓮舫の前に連れてって、

 

生で「2番じゃいけないんですか!?」って聞かせるからな!!!

 

 

オッケ?w

 

 

ぜひこれのどっちか読んでみるといいよ!w

※ここまで読んでくれた人はフェイスブックでシェアとかしてくれると嬉しいです。 

 

■30代二児の母が、小学生の息子の前でびゃーびゃー泣きました。母ちゃん大好きって泣きました。すごく幸せです。

f:id:k_nali:20170805061754j:image

f:id:k_nali:20170805061800j:image

f:id:k_nali:20170805061815j:image

f:id:k_nali:20170805061836j:image

 

素敵ですなー。

 

お母さんからの「愛してる」をもらえてないと思ってる人って、

 

今までの人生で、

 

本当にたくさんの人からの「愛してる」「好きです」とか「ここに居ていいよ」「そのままでいいよ」「あなたは変わらなくていいよ」とかも、もらえてないと思って生きてきたと思う。

 

だから、

 

→愛されるために

→好かれるために

→ここに居るために

→成長するために

→変わるために

 

人生たくさん頑張ってきたのかなと思います( ̄ー ̄ )

 

 

 

確かに

 

その過程でしか学べないことも、気づけないこともあっただろうから、。、それは素晴らしいことなんだけど、。、

 

 

そろそろ、

 

何かの「ため」に頑張るんじゃなくて、

何かで埋める「ため」に頑張るんじゃなくて、

 

 

周りの人からの

 

→愛してるよ

→好きだよ

→そこに居ていいよ

→そのままでいいよ

→変わらなくていいよ

→あなたでいいよ

 

 

もらってから生きようね( ̄▽ ̄)ってことだ。

 

 

 

そのスタートラインが、

お母さんになってることが多いのです。

 

 

 

 

※自分は母親に100%愛されてるし、信頼されてると即答できない人は、とりあえず、いろんなこと一旦ストップして、これ全部読んで見てね。

No.1■母親と世界の関係 - ナリ心理学

No.2■あなたは愛されている - ナリ心理学

No.3■加害者は、元被害者だ。 - ナリ心理学

No.4■復讐の人生をいつ辞めるか - ナリ心理学

No.5■過去とか知らん。 - ナリ心理学

■「次女/次男/末っ子/ひとりっ子」さんたちへ、信じて欲しい必ず飛べるから。 - ナリ心理学

No.6■今まで感じたことのにない安心感。 - ナリ心理学

No.7■そもそも嫌われてないから。 - ナリ心理学

No.8■深い悩みほど、結局「母親」に繋がる。 - ナリ心理学

■毒親について - ナリ心理学

■良薬口に苦しだ。 - ナリ心理学

■母は亡くなっています。|みんなのナリ心理学

 

やっぱり愛されてた編

■母親と本音話したら、もう泣くよ。 - ナリ心理学

番外編

■母親からの呪いを解く方法。 - ナリ心理学

 

 

 

人生って、

楽しい、w 

 

 

 

お母さんに愛されてマスーーー!!!って報告はナリ心理学公式ラインにどうぞ

http://line.me/ti/p/%40hpi8059q

 

■母親と本音話したら、もう泣くよ。

f:id:k_nali:20170804110033j:image

 

 

 

 

 

泣く泣くーー!

全然なくよー♪( ´▽`)w

 

それくらい

素敵なことしたんだー

 

素晴らしい。

ほんと。

 

 

 

※自分は母親に100%愛されてるし、信頼されてると即答できない人は、とりあえず、いろんなこと一旦ストップして、これ全部読んで見てね。

No.1■母親と世界の関係 - ナリ心理学

No.2■あなたは愛されている - ナリ心理学

No.3■加害者は、元被害者だ。 - ナリ心理学

No.4■復讐の人生をいつ辞めるか - ナリ心理学

No.5■過去とか知らん。 - ナリ心理学

■「次女/次男/末っ子/ひとりっ子」さんたちへ、信じて欲しい必ず飛べるから。 - ナリ心理学

No.6■今まで感じたことのにない安心感。 - ナリ心理学

No.7■そもそも嫌われてないから。 - ナリ心理学

No.8■深い悩みほど、結局「母親」に繋がる。 - ナリ心理学

■毒親について - ナリ心理学

■良薬口に苦しだ。 - ナリ心理学

■母は亡くなっています。|みんなのナリ心理学

番外編

■母親からの呪いを解く方法。 - ナリ心理学

 

■あー、笑。

 

想像しただけで、やばい。

 

 

 

 

 

言った側の想像もいいけど、

言われた側からの想像も、粋ですな。

 

 

 

おれなら、

 

うわ、すげーー、育ちのいい人来たな!

 

って思うかな。

 

 

 

 

 

伝説。

 

■親に人生を狂わされて子どもたち、、

 

f:id:k_nali:20170730071306j:plain

誰かを責めても解決しない。

むしろ悪化する。

誰かに「原因がある」というのと、誰かの「せいである」ってのは似てるけど、全然違う。

 

例えばいじめ。

ナリ心理学では、いじめはいじめられっ子に「原因はある」が、いじめられっ子の「せいではない」って考ます。

いじめっ子が100%悪いんだ!論になると、、いじめられっ子のことが見落とされてると思う。

 

ちなみに、これは勇気を出した考え方だと思うけど、

 

いじめっ子に「原因がある」が、いじめっ子の「せいではない」とも考ます。これは反発されるだろうなってのはわかった上で、、そう考ないと、、いじめっ子を責めて終わりになるからです。いじめっ子を責めるのがゴールではないでしょう。責めて終わらせたくなる気持ちもわかるけど、、多分終わらないのです。

 

いじめっ子にも原因はあるが、全てがいじめっ子のせいではないと思う。

 

毒親になってしまったのは母親に「原因はある」が、母親の「せいでない」と考ます。でないと、、毒親責めて、悪化して終わるだけで。毒親を許せない自分は「母親への復讐の人生」になってしまうから。

 

毒親を責めることがゴールではなく、

復讐の人生をやめることがゴールなのだ。

 

親に人生を狂わされた子どもたち...

※動画消えてたらごめんね。

 

「毒親」ってキーワードに自分が関係あると思う人はこれも観てみて欲しいな。そんでもって、心の仕組み的に「どうしたらいいのか?」を考えてみて欲しいな。

 

このナリ心理学のブログを読んでくれてるなら、、多分それなりに「心の仕組み」ってわかってきていると思う。。だから、共感して、あーそうだなーーーって終わるんじゃなくて、、、「乗り越えれる前提」ってどうしたらいいのか?自分がこの人だったらどうするか?この人に相談されたらアドバイスができるか?とか考てみて欲しい。

 

一段、上のステージに立って欲しい。

 

毒親最低だよね。

本当かわいそうだよね。

なんでそんなことするのか意味わかんない。

まじ子供産むなし。

は?、、終わってんな。

意味不明、、、

残念すぎる、、、

なんでそんなことになるん。

まじわからん、、

 

とか、毒親否定しても何にもならんからさ。そういうのはやめようね。否定して、敵にしても悪化しかしないから。

 

だから、「さて、この場合はどうしたらいいだろう?」ってせっかくナリ心理学のブログ読んでるなら、考てみようぜ!♪( ´▽`)

 

 

 

 

※自分は母親に100%愛されてるし、信頼されてると即答できない人は、とりあえず、いろんなこと一旦ストップして、これ全部読んで見てね。

No.1■母親と世界の関係 - ナリ心理学

No.2■あなたは愛されている - ナリ心理学

No.3■加害者は、元被害者だ。 - ナリ心理学

No.4■復讐の人生をいつ辞めるか - ナリ心理学

No.5■過去とか知らん。 - ナリ心理学

■「次女/次男/末っ子/ひとりっ子」さんたちへ、信じて欲しい必ず飛べるから。 - ナリ心理学

No.6■今まで感じたことのにない安心感。 - ナリ心理学

No.7■そもそも嫌われてないから。 - ナリ心理学

No.8■深い悩みほど、結局「母親」に繋がる。 - ナリ心理学

■毒親について - ナリ心理学

■良薬口に苦しだ。 - ナリ心理学

番外編

■母親からの呪いを解く方法。 - ナリ心理学